カスティーリャは広い

カスティーリャは広い

 このように自由な解放された状態は、必然的に、それらの平均人の魂の最深層に、生に関するある生き生きとした印象を注ぎこんだ。それは、古い歴史をもつわが国ではきわめて優美な、しかも鋭い言い回しで次のように表現することが可能だった。《カスティーリャは広い》。つまり、生は、新しい人間にとって、まえにあげた根本的、決定的なすべての面において、障害のないものとして現れた。

オルテガ 寺田和夫訳『大衆の反逆』中公クラシックス

 寺田先生の訳注。

(1)「遠慮なく、気ままにやろう」、あるいは「遠慮なく、気ままにしなさい」、または「障害もなく行動しうる」の意味で使われる。

オルテガ 寺田和夫訳『大衆の反逆』中公クラシックス