ゴリアト

ゴリアト

ゴリアテ

サムエル記上 17

ダビデとゴリアト

3 ペリシテ軍は一方の山に、イスラエル軍は谷を挟んでもう一方の山に陣取った。 4 ペリシテの陣地から一人の戦士が進み出た。その名をゴリアトといい、ガト出身で、背丈は六アンマ半、 5 頭に青銅の兜をかぶり、身には青銅五千シュケルの重さのあるうろことじの鎧を着、 6 足には青銅のすね当てをつけ、肩に青銅の投げ槍を背負っていた。 7 槍の柄は機織りの巻き棒のように太く、穂先は鉄六百シュケルもあり、彼の前には、楯持ちがいた。 8 ゴリアトは立ちはだかり、イスラエルの戦列に向かって呼ばわった。「どうしてお前たちは、戦列を整えて出てくるのか。わたしは、ペリシテ人、お前たちはサウルの家臣。一人を選んで、わたしの方へ下りて来させよ。 9 その者にわたしと戦う力があって、もしわたしを討ち取るようなことがあれば、我々はお前たちの奴隷となろう。だが、わたしが勝ってその者を討ち取ったら、お前たちが奴隷となって我々に仕えるのだ。」 10 このペリシテ人は続けて言った。「今日、わたしはイスラエルの戦列に挑戦する。相手を一人出せ。一騎打ちだ。」 11 サウルとイスラエルの全軍は、このペリシテ人の言葉を聞いて恐れおののいた。

新共同訳『聖書』日本聖書教会