バーサーカー

バーサーカー

第2章 プレイヤーへの指針

困ったプレイヤーにならないために
バーサーカー

 とにかく血を見るのがすきで、そのうえ自信過剰。出てくるものにはなんにでも戦闘をふっかける。ゲームマスターが情報提供者として出演させたはずのNPC を、あっさり殺してしまう。これはいけない。ただの脳足りんである。無策に戦闘をしかけておいて、死んだあとからぶうぶう言うのもこのタイプ。世の中には戦闘をしなくてもいい、しないほうがいい、ということもあるのだというのを覚えよう。

清松みゆき『T&Tがよくわかる本』現代教養文庫 社会思想社

* はてなダイアリーキーワード:バーサーカー