ルーン伝令

ルーン伝令

基本キャリア

ルーン伝令;Runebearer

説明

 ウングドリン=アンコル、すなわち最果て山脈の地下を端から端まで結んでいた精巧な地下道網は、エンパイアの東にあるドワーフの土地を互いに結びつけていた。確保地どうしの連絡を担ったのが、ルーン伝令と呼ばれる特別な訓練を受けた若いドワーフで、命の危険を冒して信書(ドワーフのルーン文字で書かれる)を他の確保地へと届けるのが役割だった。ここ数世紀で、多くのドワーフ確保地がゴブリン類の手に陥ち、多くの地下道が朽ち果てるなか、ルーン伝令の仕事は、難しくなる一方だ。やむなく回り道を多用することになるが、迂回ルートも次々と敵に見つかっているため、もはや安全ではない。はなから地下道は諦めて、地表の山岳や峡谷を延々とたどれねばならないことも多いのだ。長距離任務に熟達したルーン伝令は、エンパイア領内のドワーフ居住地から、山岳地帯の居住地へと信書を届ける任務に、時おり使われる。


書記の能力値成長表

主要プロフィール

武技射技
+10%+5%+5%+10%+5%+5%

副次プロフィール

筋+頑+
+2+1

技能:〈察知〉、〈水泳〉、〈打撃回避〉、〈符丁術:偵察兵〉、〈方角案内〉、〈野外生存術〉

異能:《強靱》または《剛力》、《駿足》または《第六感》、《逃走!》、《早つがえ》、《方向感知》

所持品:クロスボウ(ボルト10本つき)、軽装鎧(レザー・ジャーキン)、癒しのドラフト、幸運のお守り

前のキャリア:盾砕き

次のキャリア:遺跡荒らし、古参兵、盾砕き、偵察兵、ネズミ取り

注:ドワーフのみが、このキャリアに就くことができる

『ウォーハンマーRPG 基本ルールブック』ホビージャパン