乾闥婆

乾闥婆

序品

有四乾闥婆王。樂乾闥婆王。樂音乾闥婆王。美乾闥婆王。美音乾闥婆王。各與若干。百千眷屬倶。

坂本幸男 岩本裕訳注『法華経』(上) 岩波文庫

 四乾闥婆王あり、楽(がく)乾闥婆王・楽音(がくおん)乾闥婆王・美(み)乾闥婆王・美音乾闥婆王にして、各、若干の百千の眷属と倶なり。

坂本幸男 岩本裕訳注『法華経』(上) 岩波文庫
いわれ

 また、四ガンダルヴァ=カーイカ天子も、幾十万の従者のガンダルヴァたちも、その座にいた。すなわち、(一)マノージュニャと、(二)マノージュニャ=スヴァラと、(三)マドゥラと、(四)マドゥラ=スヴァラの四ガンダルヴァと、その従者のガンダルヴァたちである。

坂本幸男 岩本裕訳注『法華経』(上) 岩波文庫

一七 ガンダルヴァ=カーイカ――gandharvakayika.ガンダルヴァgandharva は『リグ=ヴェーダ』の時代以来の神霊の一群で、それだけに種々の神話が伝えられており、その性格ないしは属性は極めて複雑である。仏教神話に包摂されて、仏法の守護神の一つとされる。ガンダルヴァ=カーイカはガンダルヴァの眷族である。

坂本幸男 岩本裕訳注『法華経』(上) 岩波文庫

* はてなダイアリーキーワード:乾闥婆