仮名序

仮名序

仮名序


 和歌(やまとうた)は、人の心を種として、万(よろづ)の言の葉とぞなれりける。世の中にある人、事・業しげきものならば、心に思ふ事を、見るもの聞くものにつけて、言ひだせるなり。花に鳴く鶯、水に住むかはづの声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地(あめつち)を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれを思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士の心をもなぐさむるは、歌なり。


 この歌、天地の開けはじまりける時より、いで来にけり。(天の浮橋のしたにて、女神男神となりたまへることを言へる歌なり。)然あれども、世に伝はることは、久方の天にしては下照姫に始まり、(下照姫とは、あめわかみこの妻(め)なり。兄(せうと)の神のかたち、丘谷(をかたに)にうつりてかゞやくをよめるえびす歌なるべし。これらは、文字の数も定まらず、歌のやうにもあらぬことどもなり。)あらがねの地(つち)にしては、すかのをの命よりぞおこりける。ちはやぶる神世には、歌の文字も定まらず、すなほにして、言(こと)のこころわきがたかりけるらし。人の世となりて、すさのをの命よりぞ、三十文字あまり一文字はよみける。(すさのをの命は、天照(あまてる)大神のこのかみなり。女(め)と住みたまはむとて、出雲の国に宮造りたまふ時に、その処に八色の雲のたつを見て、よみたまへるなり。や雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を。)


 かくてぞ、花をめで、鳥をうらやみ、霞をあはれび、露をかなしぶ心・言葉おほく、様々になりにける。遠き所もいでたつ足もとより始まりて年月をわたり、高き山も麓の塵土(ちりひぢ)よりなりて天雲たなびくまで生(お)ひのぼれるごとくに、この歌も、かくのごとくなるべし。難波津の歌は帝の御初(おほむはじ)めなり。(おほさゞきの帝、難波津にて、皇子とききえける時、東宮をたがひに譲りて、位につきたははで三年(みとせ)になりにければ、王仁というひとのいぶかり思ひて、よみてたてまつりける歌なり。「この花」はむめの花をいふなるべし。)安積山の言葉は采女のたはぶれよりよみて、(葛城王(かづらきのおほきみ)を、陸奥(みちのおく)へつかはしたりけるに、国の司事おろかなりとて、設けなどしたりけれど、すさまじかりければ、采女なる女の、かはらけとりてよめるなり。これぞ、おほきみの心とけにける。)この二歌は、歌の父母のやうにてぞ、手習ふ人のはじめにもしける。


 そもそも、歌の様六つなり。唐の歌にも、かくぞあるべき。その六種の一つには、そへ歌、おほさゞきの帝をそへたてめつれる歌、

難波津に咲くやこの花、冬ごもり今は春べと、咲くやこの花

と言へるなるべし。


 二つには、かぞへ歌、

咲く花に思ひつくみのあぢきなさ、身にいたづきのいるも知らずて

と言へるなるべし。これは、たゞごとに言ひて物にたとへなどせぬものなり。この歌、いかに言へるにかあらん。その心えがたし。五つにはたゞごと歌と言へるなん、これにはかなふべき。


 三つには、なずらへ歌、

君に今朝あしたの霜のおきていなば、恋しきごとに消えやわたらん

と言へるなるべし。これは、物にもなずらへて、それがやうになんなるとやうに言ふなり。この歌、よくななへりとも見えず、「たらちめの親のあかふこのまゆごもり、いぶせくもあるか、妹にあはずて」かやうなるや、これにはかなふべからん。


 四つには、たとへ歌、

わが恋はよむとも尽きじ、荒磯海の浜の真砂はよみ尽くすとも

と言へるなるべし。これは、万の草木鳥けだものにつけて、心を見するなり。この歌は、隠れたる所なむなき。されど、はじめのそへ歌と同じやうなれば、すこし様をかへたるなるべし。「須磨のあまの塩やく煙、風をいたみ、思はぬ方になびきにけり」、この歌などや、かなふべからん。


 五つには、たゞごと歌、

いつはりのなき世なりせば、いかばかり人の言の葉うれしからまし

といへるなるべし。これは、事のとゝのほり正しきをいふなり。この歌の心、さらにかなはず。とめ歌といふべからん。「山桜、あくまで色を見つるかな、花ちるべくも風ふかぬ世に」


 六つには、いはひ歌。

この殿はむべも富みけり、さきくさの三葉四葉に殿つくりせり

と言へるなるべし。これは、世をほめて神に告ぐるなり。この歌、いはひ歌と見えずなんある。「春日野に若葉つみつゝ万世をいはふ心は、神ぞ知るらん」。これらや、すこしかなふべからん。おほよそ、むくさにわかれん事には、えあるまじき事になん。


 今の世の中、色につき、人の心、花になりにけるより、あだなる歌はかなき言のみいでくれば、色好みの家に埋れ木の人知れぬ事となりて、まめなる所には、花すゝきほにいだすべき事にもあらずなりにたり。その初めを思へば、かゝるべくなむあらぬ。いにしへの世々の帝、春の花の朝、秋の月の夜ごとに、さぶらふ人々をめして、事に付けつゝ歌をたてまつらしめたまふ。あるは花をそふとて便なき所にまどひ、あるは月を思ふとてしるべなき闇にたどれる心々を見たはひて、さかし、おろかなりと、知ろしめしけむ。然あるのみにあらず、さゞれ石にたとへ、筑波山にかけて、君をねがひ、喜び身に過ぎ、楽しび心に余り、富士の煙によそへて人を恋ひ、松虫の音に友をしのび、高砂・住江の松も相生ひのやうにおぼえ、男山の昔を思ひいでて、女郎花の一時をくねるにも、歌をいひてぞなぐさめける。また、春の朝に花のちるを見、秋の夕ぐれに木の葉の落るつをきゝ、あるは、年ごとに鏡の影に見ゆる雪と波とを嘆き、草の露、水の泡を見て、我が身をおどろき、あるは、昨日は栄えおごりて、時を失ひ、世にわび、親しかりしもうとくなり、あるは、松山の波をかけ、野中の水をくみ、秋萩の下葉をながめ、暁の鴫の羽がきを数へ、あるは、呉竹のうき節を人に言ひ、吉野川をひきて世の中を恨み来つるに、「今は、富士の山も煙たゝずなり、長柄の橋も造るなり」と聞く人は、歌にのみぞ心をなぐさめける。


 いにしへよりかく伝はるうちにも、奈良の御時よりぞ広まりにける。かの御代や、歌の心を知ろしめしたりけむ。かの御時に、正三位柿本人麿なむ、歌の聖なりける。これは、君も人も身をあはせたりといふなるべし。秋の夕べ竜田川に流るゝ紅葉をば、帝の御目には錦と見たまひ、春の朝吉野の山の桜は、人麿が心には雲かとのみなむおぼえける。又、山の辺の赤人といふ人ありけり。歌に、あやしく妙なりけり。人丸は赤人が上に立たむ事かたく、赤人は人麿が下に立たむ事かたくなむありける。奈良の帝の御歌、「竜田川もみぢ乱れて流るめり、渡らば錦中や絶えなん」。人麿、「むめの花それとも見えず、久方の天ぎる雪のなべて降れれば」「ほのぼのと明石の浦の朝霧に島隠れゆく舟をしぞ思ふ」。赤人「春の野にすみれつみにとこし我ぞ、野をなつかしみ一夜ねにける」「和歌の浦に潮みちくれば、潟をなみ、葦辺をさして鶴鳴きわたる」この人々をおきて、又、すぐれたる人も、呉竹の世々にきこえ、片糸のよりよりに絶えずぞありける。これよりさきの歌を集めてなむ、万葉集と名づけられたりける。


 こゝに、いにしへのことをも歌の心をも知れる人の、わづかに一人二人なりき。然あれど、これかれ、得たる所・得ぬ所、たがひになむある。かの御時よりこの方、年は百年あまり、世は十継になん、なりにける。いにしへのこをも歌をも、しれる人よむ人、多からず。今この事を言ふに、官位(つかさくらゐ)高き人をば、たやすきやうなれば入れず。そのほかに、近き世にその名きこえたる人は、すなはち、僧正遍昭は、歌のさまは得たれども誠すくなし。たとへば、絵(ゑ)にかける女(をうな)を見て、いたづらに心を動かすがごとし。「浅みどり糸よりかけて、しら露を玉にもぬける春の柳か」「蓮葉(はちすば)の、にごりにしまぬ心もて、何かは露を玉とあざむく」「嵯峨野にてむまより落ちてよめる、名にめでて折れるばかりぞ、をみなへし、我おちにきと人に語るな」


 在原業平は、その心あまりて言葉たらず。しぼめる花の、色なくてにほひ残れるがごとし。「月やあらぬ、春や昔の春ならぬ、我が身一つはもとの身にして」「おほかたは月をもめでじ、これそこの積れば人の老いとなるもの」「ねぬる夜の夢をはかなみ、まどろめば、いやはかなにもなりまさるかな」


 文屋康秀は、言葉はたくみにて、そのさま身におはず。いはば、商人(あきひと)のよき衣(きぬ)きたらんがごとし。「吹くからに野べの草木のしをるれば、むべ山風をあらしといふらむ」「深草の(帝の)御国忌に、草深き霞の谷にかげかくし照る日のくれし今日にやはあらぬ」


 宇治山の僧喜撰は、言葉かすかにして、初め終りたしかならず。いはば、秋の月を見るに、暁の雲にあへるがごとし。「わが庵は都のたつみ、しかぞ住む、世を宇治山と人はいふなり」よめる歌多く聞えねば、かれこれを通はしてよく知らず。


 小野小町は、いにしへの衣通姫(そとほりひめ)の流れなり。あはれなるやうにて、強からず、言はば、よき女の悩めるところあるに似たり。強からぬは、女の歌なればなるべし。「思ひつつねればや人の見えつらん、夢と知りせばさめざらましを」「色見えで移ろふものは、世の中の人の心の花にぞありける」「わびぬれば身をうき草の根を絶えて、誘ふ水あらばいなんとぞ思ふ」。衣通姫の歌、「わがせこが来べきよひなり、さゝがにのくものふるまひかねてしるしも」


 大伴黒主は、そのさまいやし。いはば、薪負へる山人の、花のかげに休めるがごとし。「思ひいでて恋しき時は、初雁のなきてわたると、人は知らずや」「鏡山いざたち寄りて見てゆかむ、年へぬる身は老いやしぬると」


 このほかの人々、その名きこゆる、野辺に生ふるかづらのはひ広ごり、林にしげき木の葉のごとくに多かれど、歌のみと思ひて、そのさま知らぬなるべし。


 かゝるに、今、天皇(すべらぎ)の天下知ろしめすこと、四時こゝのかへりになんなりぬる。あまねき御慈愛の波、八洲のほかまで流れ、ひろき御恵みのかげ、筑波山の麓よりもしげくおはしまして、万の政務をきこしめすいとま、もろもろの事を捨てたまはぬあまりに、「いにしへの事をも忘れじ、古りにし事をも興したまふ」とて、「今もみそなはし、後の世にも伝はれ」とて、延喜五年四月十八日に、大内記紀友則、御書の所の預り紀貫之、前の甲斐の少目(さうくわん)凡河内躬恒、右衛門の府壬生忠岑らに仰せられて、万葉集に入らぬ古き歌、自らのをもたてまつらしめたまひてなん。それが中に、梅をかざすうより始めて、ほとゝぎすを聞き、紅葉を折り、雪を見るにいたるまで、又、鶴亀につけて君を思ひ人をも祝ひ、秋萩夏草を見て妻を恋ひ、逢坂山にいたりて手向けを折り、あるは、春夏秋冬にも入らぬ種々の歌をなん、えらばせたまひける。すべて千歌(ちうた)二十巻(はたまき)、名づけて『古今和歌集』といふ。かく、この度集めえらばれて、山下水の絶えず、浜の真砂の数多く積りぬれば、今は、飛鳥川の瀬になる恨みもきこえずう、さゞれ石の巌となる喜びのみぞあるべき。


 それ、まくらことは、春の花にほひすくなくして、空しき名のみ秋の夜の長きをかこてれば、かつは人の耳に恐り、かつは歌の心に恥ぢ思へど、たなびく雲のたちゐ、鳴く鹿の起きふしは、貫之らがこの世に同じくむまれて、この事の時にあへるをなむ、喜びぬる。人麿なくなりにたれど、歌のこととゞまれるかな。たとひ、時移り事去り、楽しび哀しびゆきかふとも、この歌の文字あるをや。青柳の糸絶えず、松の葉のちり失せずして、まさきのかづら長く伝はり、鳥のあと久しくとゞまれらば、歌のさまを知り、ことの心を得たらん人は、大空の月を見るがごとくに、いにしへを仰ぎて今を恋ひざらめかも。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫
古今和歌集 (岩波文庫)

古今和歌集 (岩波文庫)