修羅

修羅

 おれもひとりの修羅なのだ

(まことのことばはここになく

 修羅のなみだはつちにふる)


春と修羅
   (mental skech modified)

心象のはひいろははがねから

あけびのつるはくもにからまり

のばらのやぶや腐植の湿地

いちめんのいちめんの諂曲(てんごく)模様

(正午の管楽よりもしげく

 琥珀のかけらがそそぐとき)

いかりのにがさまた青さ

四月の気層のひかりの底を

唾(つばき)し はぎしりゆききする

おれはひとりの修羅なのだ

(風景はなみだにゆすれ)

砕ける雲の眼路(めぢ)をかぎり

 れいろうの天の海にはい

  聖玻璃(せいはり)の風が行き交ひ

   ZYPRESSEN 春のいちれつ

    くろぐろと光素を吸ひ

     その暗い脚並(あしなみ)からは

      天山の雪の稜(かど)さへひかるのに

      (かげろふの波と白い偏光(へんくわう))

      まことのことばはうしなはれ

     雲はちぎれてそらをとぶ

    ああかがやきの四月の底を

   はぎしり燃えてゆききする

  おれは一人の修羅なのだ

  (玉髄の雲がながれて

   どこで啼くその春の鳥)

  日輪青くかげろへば

    修羅は樹林に交響し

     陥りくらむ天の椀から

      黒い木の群落が伸び

       その枝はかなしくしげり

      すべて二重の風景を

     喪神(そうしん)の森の梢(こずゑ)から

    ひらめいてとびたつからす

    (気層いよいよすみわたり

     ひのきもしんと天に立つころ)

草地の黄金(きん)をすぎてくるもの

ことなくひとのかたちのもの

けらをまとひおれを見るその農夫

ほんたうにおれが見えるのか

まばゆい気圏の海のそこに

(かなしみは青々ふかく)

WYPRESSEN しづかにゆすれ

鳥はまた青ぞらを截る

(まことのことばはここになく

 修羅のなみだはつちにふる)

あたらしくそらに息つけば

ほの白く肺はちぢまり

(このからだそらのみぢんにちらばれ)

いてふのこずゑまたひかり

ZYPRESSEN いよいよ黒く

雲の火ばなは降りそそぐ

天沢退二郎編『宮沢賢治詩集』新潮文庫
新編 宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

新編 宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

* はてなダイアリーキーワード:修羅