光文社古典新訳文庫

光文社古典新訳文庫

いま、息をしている言葉で、もういちど古典を

 長い年月をかけて世界中で読み継がれてきたのが古典です。奥の深い味わいのある作品ばかりがそろっており、この「古典の森」に分け入ることは人生の最も大きな喜びであることに異論のある人はいないはずです。しかしながら、こんなに豊穣で魅力に満ちた古典を、なぜわたしたちはこれほどまで疎んじてきたのでしょうか。

 ひとつには古臭い教養主義からの逃走だったのかもしれません。真面目に文学や思想を論じることは、ある種の権威化であるという思いから、その呪縛から逃れるために、教養そのものを否定しすぎてしまったのではないでしょうか。

 いま、時代は大きな転換期を迎えています。まれに見るスピードで歴史が動いていくのを多くの人々が実感していると思います。

 こんな時わたしたちを支え、導いてくれるものが古典なのです。「いま、息をしている言葉で」――光文社の古典新訳文庫は、さまよえる現代人の心の奥底まで届くような言葉で、古典を現代に蘇らせることを意図して創刊されました。気取らず、自由に、心の赴くままに、気軽に手に取って楽しめる古典作品を、新訳という光のもとに読者に届けていくこと。それがこの文庫の使命だとわたしたちは考えています。

光文社古典新訳文庫

* はてなダイアリーキーワード:光文社古典新訳文庫