冲霄処士

冲霄処士

冲霄処士(ちゅうしょうしょし)

 張鸞(ちょうらん)の号。

張鸞

 元の名を張大鵬(たいほう)という道士で法術を解する。のち張鸞と名を改め、冲霄処士(ちゅうしょうしょし)(処士は民間にいて仕官せぬ人)と号した。卜吉(ぼくきち)とともに反乱軍に加わる。

馮夢竜 太田辰夫『平妖伝』大系36 平凡社