嘉納治五郎

嘉納治五郎

山川 日本史小辞典(新版)2001

かのうじごろう(嘉納治五郎

  • 1860.10.28~1938.5.4

明治~昭和前期の教育家・柔道家。父は治郎作。摂津国生れ。東大卒。1882年(明治15)学習院講師になり、東京下谷の永昌寺で講道館を開き柔術を教える。古来の柔術を改良して講道館柔道を編み出した。のち第一高等中学校校長、東京高等師範学校を歴任。1909年にアジアで最初の国際オリンピック委員会(IOC)委員となり、11年には大日本体育協会初代会長に就任。12年(大正元)第5回オリンピック大会に団長として参加するなど、国際的にも活躍した。

『日本史小辞典(新版)』山川出版社2001
山川日本史小辞典

山川日本史小辞典

* はてなダイアリーキーワード:嘉納治五郎