年の内に

年の内に

ふるとしに春たちける日よめる  在原元方


年の内に春はきにけり ひととせをこぞとやいはん ことしとやいはん

「古今和歌集巻第一 春歌上」『古今和歌集』岩波文庫