後漢 少帝

後漢 少帝

三国志年表 後漢 少帝


小南一郎『三国志』8 ちくま学芸文庫 より作成


西暦干支元号事項
189己巳光熹元年・昭寧元年二月、皇甫嵩が陳倉で王国を破る。四月、劉虞が太尉となる。同月、霊帝が逝去、年は三十四。少帝劉弁が即位、年は十七。光熹と改元する。大将軍の可進が実権を握り、蹇碩を誅殺、さらに董重・董太后に迫って自殺をさせる。八月、宦官の張譲ら、宮中において可進を斬る。袁紹は宮中に兵を入れて宦官を皆殺しにする。少帝と陳留王は宮外に脱出、少帝は都につれもどされて董卓の支配下に入る。昭寧と改元を行なう。董卓はみずから司空となる。九月、董卓は少帝を廃し、陳留王劉協を帝位につける。これが献帝。年は九歳。永漢と改元を行なう。董卓はみずから太尉となり、楊彪が司空に、黄琬が司徒になる。十一月、董卓はみずから相国となり、十二月、黄琬が太尉に、楊彪が司徒に、荀爽が司空になる。十二月、年号を中平六年にもどす。この歳、董卓に反対して、袁紹・廬植・袁術・曹操らが都を離れ、それぞれの根拠地にもどって実力を養う。

正史 三国志〈8〉呉書 3 (ちくま学芸文庫)

正史 三国志〈8〉呉書 3 (ちくま学芸文庫)