持明院統

持明院統

山川 日本史小辞典(新版)2001

じみょういんとう(持明院統

  • 鎌倉~南北朝

鎌倉~南北朝期に分裂した皇統のうち、後深草天皇の皇統。持明院を院御所とした、1272年(文永9)後嵯峨上皇が後継者を指名することなく没したのち、皇位・所領をめぐって亀山天皇の皇統である大覚寺統と対立。1317年(文保元)には幕府の仲介によって文保の和約がなされ、両統迭立(てつりつ)の原則によることが決められた。しかし以後も両統の対立は続き、南北朝内乱期には京都に北朝をたて、吉野に拠る南朝(大覚寺統)と対立。92年(明徳3・元中9)の南北朝合一の際には、再び両統迭立の原則によることとなったが、実際は持明院統のみが皇位を継承した。

『日本史小辞典(新版)』山川出版社2001
山川日本史小辞典

山川日本史小辞典

* はてなダイアリーキーワード:持明院統