新書漢文大系 あとがき

新書漢文大系 あとがき

あとがき

 中国文化が日本に与えた影響ははかりしれない。漢学の伝来とともに日本にもたらされた漢籍の数々は、その後の日本知識人の中心的な学問となり、いつか日本の伝統文化の土台に根を下ろした。今では中国文化と意識されないで、漢語・故事成語・格言・ことわざなどが、日本の言語生活を形造っている。

 小社では、この中国四千年の思想・歴史・文芸の完訳を志し、「新釈漢文大系」(全一一四巻、別巻一)として既に九九巻を世に送り出している。ポピュラーでありながら漢文学の最先端の研究情報をも盛り込んだものとして人々に広く迎えられている。

 この「新書漢文大系」シリーズは、「新釈漢文大系」をよりわかりやすく、コンパクトな形に編集し、漢文にあまりなじみのない読者の方々にも、中国の広大な知恵の集積を十分に味読してもらいたいと考え、企画したものである。総読み仮名のついた書き下し文と通釈(解釈)を対応させ、その背景などについても懇切な説明を加え、どこの部分から読み始めても興味が持てるよう配慮している。

 平易であっても内容の深いこのシリーズを存分に活用され、人類の知恵の宝庫を現代生活の中に広く取り入れていただきたいと願うものである。


 平成十六年六月

                         明治書院書籍編集部

新書漢文大系 明治書院