日常会話に宿る神々

日常会話に宿る神々

日常会話に宿る神々 
「タールの歯め!」不快で辛辣な情況を呪う言葉。
「やつはモールの息を首に感じよった」やつはまもなく死ぬだろう。
「モールみたいな笑い方」髑髏めいた不気味な笑みを浮かべること。
「あいつはいまモールとおどっているよ」あいつは死んだ。
「ウルリックの狼みたいなやつらに追われてら!」猛烈な速さで駆けている。
「シグマーのソーセージくらいの確かさだ」出所や意味が不確かであることのあいまいな表現。
「あいつは2ペンスと剣を支払うだろうよ」あいつの行動はおのれの死を招く。真鍮銭2枚と剣1本だけあれば、モールの庭に埋葬してもらえるからである。
「あいつはラナルドと一杯やるつもりだ」あいつは運試しをするつもりだ。
「ミュルミディアの春にビールを飲むか、一切飲まないか、どちらかだ」ミュルミディアの春は、堅忍不抜と勇気の源泉であり、そのおかげで人々は、不可能な命令を実行することができる。
『ウォーハンマーRPG 基本ルールブック』ホビージャパン
ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック