有名な酒

有名な酒

有名な酒

ホールドガットのスペシャル・ブルー  西アランシアで見られる気味の悪い青色をしたエール酒。丘巨人ですら二杯で寒気のために気絶してしまう。一杯四GP。

クィルの水  ブライスのクィルで見つかる。水のように見えるし、味も水そのものだが、少量でも三杯飲んだら死ぬ。通常、指抜き一杯の量で出される。それでも、一杯一〇GPだ。

ブルナ・キャットブラッド  クールに見られる、軽くて甘いエール酒。一般には猫血川(キャット・ブラッド・リバー)の水を使って、それらしく見せるために赤く染めてあると考えられている。しかし、実はこれは猫二〇匹の血から作られ、飲むと……。盃半分ほどで、五GP。

スカルバスター  ドワーフの特産品。小麦を御影石の裂け目を通して蒸留して作る、濃い茶色の酒。君がドワーフなら、そのじゃりじゃりした舌ざわりを楽しめるだろうが、ドワーフでないなら三分ちょうどで伸びてしまうだろう。一杯二GP。北西アランシアで飲める。

グアーシュ  オークのエール酒。もし胃壁を大事にしたいなら、飲んではいけない。

M.ガスコイン編安田均訳『タイタン』社会思想社