護良親王

護良親王

山川 日本史小辞典(新版)2001

もりよししんのう(護良親王

  • 1308~35.7.23

「もりなが」とも。後醍醐天皇の皇子。母は源親子といわれる。1323年(元亨((ゲンコウ)3)頃延暦寺梶井門跡の大塔に入室し大塔宮(おおとうのみや)とよばれる。27年(嘉暦((カリャク)2)天台座主となり討幕運動を開始。31年(元弘元)討幕運動発覚後、比叡山をのがれ、翌年還俗して護良と名のる。こののち約1年間、都乳母訓導の中心として令旨(りょうじ)を発給。33年の倒幕後は将軍宮を称し、足利尊氏と対立して信貴山に籠城。後醍醐天皇にさとされ帰京後、征夷大将軍・兵部卿となるが、なお尊氏と対立。尊氏や新待賢門院の讒言(ざんげん)にあって34年(建武元)拘禁され、鎌倉の足利直義(ただよし)のもとへ送られる。35年中先代(なかせんだい)の乱に際し、親王が北条氏の手に渡ることを恐れた直義により殺された。

『日本史小辞典(新版)』山川出版社2001
山川日本史小辞典

山川日本史小辞典

* はてなダイアリーキーワード:護良親王