鋼鉄の処女ルーシー

鋼鉄の処女ルーシー

鋼鉄の処女ルーシー
78

 拷問人ボリスの死体を踏み越え、「鋼鉄の処女」に近づく。なかから悲痛なうめき声がきこえるが、これはつまり、なかに閉じこめられた人間がまだ生きている証拠だ(あたりまえだが)。

 ボリスは、見かけのわりにユーモアのある奴だったらしく、「鋼鉄の処女」に名前をつけていたようだ。ふたに打ちつけられた真鍮の額には、

 『ハーイ! わたし、鋼鉄の処女、ルーシーよ』

 「ばかなものを読んどらんで、早く余をここから出さんか」うつろな声がなかから響いてきた。

 だが、ふたを開けるのは口でいうほどかんたんではなかった。ふたはダイヤル錠でしっかり閉められているのだ!

 「早く出してくれえ! おーい、ここから出さんか! 何をぼやぼやしておる!」

 声が必死になってきた。

J・H・ブレナン著高橋聡訳『宇宙幻獣の呪い』二見書房