蜀犬 日に吠ゆ

1901-01-18

[][]一月十八日 悪い読書 はてなブックマーク - 一月十八日 悪い読書 - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

一月十八日

 悪い読書は、よくない交際よりも危険である。なぜなら、現実の人間は、空想の産物にあるように、純粋な全くの悪や誤りの塊りでありながらうわべだけ美しい姿をしているということは、決してないからである。その上、だれでも悪人からは自然に離れ、用心もするからである。ところが書物や娯楽雑誌や演劇などになると、どんな種類のものが上品な婦人や子供たちの視野にさえ入ってくるか、ほとんど思いも及ばない。一冊の書物が人の一生の不幸を(もちろん同じように幸福をも)招きよせることさえ珍しくない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫