蜀犬 日に吠ゆ

1901-02-20

[][]二月二十日 多くの人たち、ことに女性たちは、その天職を はてなブックマーク - 二月二十日 多くの人たち、ことに女性たちは、その天職を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

二月二十日

 多くの人たち、ことに女性たちは、その天職を見失っている。今日ではそれを見失うこともやむをえないとさえ思われる。なぜなら、現在の与えられた状況の中では、彼女たちの活動する余地がまだないからである。この場合、天職にかわるどんな代用物、たとえば、ある種の享楽、芸術や芸術家に対するむやみな熱狂、クラブ生活、そのほか現代的教養のどんな種類も、この欠陥を補うことに役立たない。

 そのような時に、ひとの魂を満たしてくれるものは、真実の、実益ある信仰心よりほかにない。彼女たちの生活が分裂に終わらないようにと願うなら、そのような信仰に達しなければならない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫