蜀犬 日に吠ゆ

1901-07-03

[][]七月三日 病的な状態は はてなブックマーク - 七月三日 病的な状態は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 病的な状態は、あまりひどく気にしないでいると、ひとりでに消え去ることがよくある。それよりももっとしばしば、病弱者でありながらも、十分治療を受けられる境遇にいないために、かえって多年にわたって彼らの義務を忠実に、よろこんで果している人びとがいるのである。これに反して、各地の療養所にたえず滞在し、無益な、心に慰めのない生活を送っている人たちもいる。このような人たちの多くは、ただ何かなすべき務めを教えてやりさえすれば、救われるであろう。つねに病気がちな人びとに実際に欠けているのは、むしろ本当の義務と人生の任務にほかならぬという場合が、かなり多い。彼らの体力に十分かんった義務や任務を課してやれば、どんな治療や安静や看護によるよりも、ずっと健康になれるだろう。馭者ならだれでも、自分の馬にはこうすべきだということが分っている。ところが、病人を指導すべきはずの多くの医師や看護人がそれを知らない。

 とりわけ健康に役立つのは、多くの場合、正しい、真実の愛である。愛というものは、当然いやしいエゴイズムを否定するからである。しかしこの不思議な薬は、どこの街でも売ってはいないし、また、だれでも自分で用いることができるわけでもない。それの下らぬ真似ごとで満足している者には、特に扱いにくい薬である。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫