蜀犬 日に吠ゆ

1901-07-04

[][]七月四日 哲学はだいたい数学と はてなブックマーク - 七月四日 哲学はだいたい数学と - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 現代では、哲学はだいたい数学と同じような思考の訓練であって、精神を思惟活動に馴れさせるという以上に、人生にとって何らの目的も効果も持たない。それとも哲学は、ある一人の思想家の思想圏内において形成せられた一般的世界観の樹立というにすぎないものだ。そういう場合、哲学というものは、プラトンやアウグスティヌスや、ヘーゲルやショーペンハウアーなどの、または彼らの時代の、歴史的に見ればおそらく非常に興味ある世界観だということになる。けれども、果してこの世界は、これらの思想家の考えた通りのものであったかまた今もそうであるか、たとえば、世界はショーペンハウアーのいわゆる「意志と表象」であって、その他のなにものでもないかどうか。これは全く別の問題である。

 各個人の人生行路についてそれを明瞭にしてやり、彼の性格を改善し、善に向う力を高め、またその人の幸福を増進するという目的には、これらの哲学大系は一般にほとんど役立たないか、或いは間接的にしか役立たない。もしそうでないなら、これらの哲学の創始者は人間のなかの最もすぐれた人、最も幸福な人だったにちがいないが、実際は必ずしもそうではなかった。従って、哲学は主として右に述べた問題と取り組まないかぎり、人間形成に対して、全体としても個々の点でも、ごく僅かしか影響を与えないものである。

 しかし、現代の世界は、カント以来そうであったよりも、よい哲学のために一そう熟してきたように見える。このような要求からして、ドイツ国民が現在の「実在論」に飽きあきしたならば、おそらく彼らのなかから、カントの業績を継承して、それを真の結論へ導くような哲学がふたたび生れるであろう。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫