蜀犬 日に吠ゆ

1901-07-05

[][]七月五日 神の霊の存在については、 はてなブックマーク - 七月五日 神の霊の存在については、 - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 神の霊の存在については、たとえ他に実証的な証拠がなくても、次の事実はやはりその証拠といえるであろう。すなわち、われわれ自身が精神と意志をつくして努力しても、もし神がそれを拒まれるならば、われわれは神との結びつきを回復することができないし、また「熱心な信心」によっても、心配や悲しみをのがれることができないのである。これに反して、神の霊がしばしば思いがけない仕方で訪れてきて、その命と喜びとをもってわれわれの全存在を満たし、一瞬のうちにすべての重荷をわれわれのこころから取り去ることがありうるということである。それでも、人間から全く独立して自主的にはたらくこのような力が、存在しないであろうか。或いはなんらの実在でもないのであろうか。一体、力より以上に実在するものが他にあるだろうか。とにかく、人間のたんなる思想は決して力ではない。これは、自分で慰めを得ようとして得られなかった経験をたびたびくり返した人ならば、だれでも知っていることである。そうではないこのような力は、一体何であろうか。――単なる「心理学」はこのときわれわれを全く見すててしまう。およそ心理学はそれ自身なんの力をも持たないものであり、かつて、不幸に陥った人を元気づけたことのない、一つの学問体系にすぎない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫