蜀犬 日に吠ゆ

1901-07-10

[][]七月十日 神のそば近くにあることこそ はてなブックマーク - 七月十日 神のそば近くにあることこそ - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 神のそば近くにあることこそ、本当に人間の幸福の真髄であるが、もしそれを欲するならば、いくらかの悲しみをも願わねばならない。というのは、人生の経験を積んだ人ならだれでも知っているように、他のいかなる時よりも、また、どんな方法でよりも、深い悲しみの時に、われわれは神に一層近づくからである。ダンテ『神曲』天国篇第七歌五八―六〇行。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫