蜀犬 日に吠ゆ

1901-07-15

[][]七月十五日 信仰とは はてなブックマーク - 七月十五日 信仰とは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

七月十五日

 信仰とは、神へ向かってひたすら努力することではなく、神に己をゆだねることである。つまり、われわれが神の門をたたくのではなく、むしろ神がわれわれの門をたたかれるので、われわれは神にそれを開かねばならないのである。

 そうすれば、万事が順を追うてまったくひとりでに行われる。まず、青々とした畑、つぎに、実りを約束する穂、やがて、実った見事な穀物、そして生涯を無駄でなく、立派に過ごしたあとで、最後に安息のための収穫(かりいれ)。イザヤ書四五の二―五、ヨハネ黙示録三の二〇、ルカによる福音書一二の三六。

 「神を愛する者たちには、すべてのことが益となるにちがいない」(ローマ人への手紙八の二八)。このことを信じる人にとっては、普通の意味での「幸福」や「不幸」の観念は、もはや存在しない。彼は「快楽への渇望と苦悩に対する恐れにだまされる」ような者の仲間ではない。ゼバニア書三の一四―二〇。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫

ヨハネの黙示録

REVELATION 3

ラオディキアにある教会にあてた手紙

20 見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。

20 Behold, I stand at the door and knock. If anyone hears My voice and opens the door, I will come in to him and dine with him, and he with Me.

『新約聖書』ギデオン協会

ルカによる福音書

LUKE 12

目を覚ましている僕

36 主人が婚宴から帰って来て戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。

36 and you yourselves be like men who wait for their master, when he will return from the wedding, that when he comes and knocks they may open to him immediately.

『新約聖書』ギデオン協会

ローマの信徒への手紙

ROMANS 8

将来の栄光

28 神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。

28 And we know that all things work together for good to those who love God, to those who are the called according to His purpose.

『新約聖書』ギデオン協会