蜀犬 日に吠ゆ

1901-07-16

[][]七月十六日 他の人びとが欲するままに任せておいてよい はてなブックマーク - 七月十六日 他の人びとが欲するままに任せておいてよい - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 他の人びとが欲するままに任せておいてよいことが、世には限りなく多い。結局、それはどうでもよいことだからだ。そうすれば、自他ともに生活が非常に楽になる。ところが世間には、他人の意見や提案には、いつも何かとケチをつける癖をしだいにつのらせる人たちがいる。その結果、通常、人びとはそういう人の意見に従わなくなり、やがてもう彼らの考えをたずねようともしなくなるだけだ。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫