蜀犬 日に吠ゆ

1901-08-03

[][]八月三日 芸術は人間を はてなブックマーク - 八月三日 芸術は人間を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 エレミヤ書五一の一七・一八*1。芸術は、人間を自己以上に高めて、より純粋な、より強い、より偉大なものにするかぎり、まさにそれだけの価値を持つものである。それをしないならば、最上の芸術の場合でも、せいぜい遊びであり、さらに、たいてい人間のうちに官能性を呼びさまし、助長することによって、魂をそこなうものである。人間の悪の原因をしさいにその根源に入って深くさぐるならば、きわめて多くの場合に、過度の官能性(最も広い意味での)がその根底にあり、さらにそれが神に対する不信実や、自分のよりよき自我と人間性に対する裏切りとなって現れることが、発見されるであろう。

 このような、「自然主義」、実は「動物的な生の感情」は、たいていの人の生活において、時によって大きな、あるいは小さな役割を演じる。このような危険なものをただ偶然にゆだねたくなければ、それと根本的に対決しなければならない。一般の、おだやかな唯物主義的見解によれば、これらすべては、結局のところどうでもよいもの、つまり、生活を明るくはするが性格に何も影響するほどではない、いわゆる「瑣事(アディアフォルム)」だと見なされる。こういう見解は、古代やルネサンス時代に圧倒的に支配した思想であり、現代でもわれわれは強くその影響を受けている。この考え方の主な欠点は、それが真実でないということにある。それどころか、個人や全国民を根本的に堕落させ、徹底的に神からひき離すのに、これ以上大きな影響力をもち、またこれ以上効果的な手段はない。すでに太古の言葉(創世記四の七)が、この危険と、それにうち勝つ正しい仕方とを、賢くも教えている*2。このような利己主義的傾向をすてて、確固とした決心と、この傾向に強く反対する精神的関心と、さらに真の親切心を持つことが、この危険からのがれる最良の方法である。しかし現代人の大多数は、そういう方法をとる代りに、問題を正しく考えもしないでただ目先の印象に身をゆだねている。そのために、往々眼を閉じて、恐ろしい内的・外的葛藤のなかに、しだいに陥ってしまう。こういう葛藤のさまは、ゲーテの『ファウスト』第一部のなかで、また、テニソンの『国王牧歌』ではさらに美しくかつ雄大に、描かれている。ダンテは、ベアトリーチェやピッカルダのような気高い形姿(すがた)を創り出したけれども、この問題を本当にとらえてはいない。最近の詩人たちの大部分は、芸術の影響の問題を解決するどころか、むしろ悪化させてしまった。反対に、トルストイは問題の根源をつかんでこう語っている、「美と悦楽とは、それが善からはなれた単なる美と悦楽としては、厭うべきものだ。私はこのことをはっきり悟ったので、それらのものをすて去った。」

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫

*1:「すべての金細工人は、その造った偶像のために恥をこうむる。その偶像は偽り物で、そのうちに息がないからだ。それらは、むなしいもの、迷いのわざである。罰せられる時になれば滅びるものである。」

*2:正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しいことをしていないのでしら、罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません。