蜀犬 日に吠ゆ

1901-09-05

[][]九月五日 法そのものは はてなブックマーク - 九月五日 法そのものは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

九月五日

 法そのものは、今も昔も、真実といつわりの奇妙な混ざり物である。そこで、裁判の時に特に大切なのは、できるだけその真実の部分のみを生かして用いることである。それにつけてもよく思い出すのは次の言葉である、「神は人間を単純なものに造られた。ところが人間をいろんな術策を弄したがる。」

 なぜだろうか。一つには、神が望まれる単純な生き方は、私的関係でも国家的関係でも、彼らには簡単すぎるからであり、また一つには、エゴイズムがつねに真理を妨げるからである。とりわけ、神の単純な真理に奉仕するよりも、習い覚えた術策による方が、他人にぬきん出ることも、幅をきかせることもできるからである。

 こうして真実の法的関係のまわりに、ときには数世紀の長きにわたって、伝来の虚偽もしくば半真理の一種の気層圏といったものが発生し、健全な法感情の抗議にもかかわらず、法律と裁判とによって作為的に温存されてきた。そしてわずれに、時どきなみはずれて強力な人間が現われ、神の命をうけて、この気層圏をうち破り、ふたたび真理のために門を開くことになる。

 ダンテ『神曲』地獄篇第九歌五五―一〇五行。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫