蜀犬 日に吠ゆ

1901-09-12

[][]九月十二日 幸福以上のなにかを求める人は はてなブックマーク - 九月十二日 幸福以上のなにかを求める人は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 「この世で幸福以上のなにかを求める人は、幸福が彼の分け前とならなくても、不平を言ってはならない。」(エマソン)これは、おそらくいくらか「実利主義」的で嘲笑的な意味あいをふくんでいるが、真実の言葉であり、多くの失敗した人生を説明しうるものである。実際、われわれはこの「より以上」と「より以下」とのいずれかを選ばなくてはならない。

 しかし、この言葉は幸福という事柄についての最後的な説明ではない。

 世に幸福はあるが、われらはそれを知らぬ。

 知っていても重んじない。

               (ゲーテ『タッソー』)

 このほうがはるかに真実な言葉である。しかし、もっと強く心をゆさぶる幸福をみずから一度も感じたことのない人たちは、それを想像することさえできず、ただ言い伝えの神話か誇張されたお喋りくらいにしか考えないが、しかしそれは健康な真実なのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫