蜀犬 日に吠ゆ

1901-09-26

[][]九月二十六日 金を儲けたという人の話を聞くと はてなブックマーク - 九月二十六日 金を儲けたという人の話を聞くと - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

九月二十六日

 たくさんの金を儲けたという人の話を聞くと(今日ではとくに工業や商業の社会でよく起ることだが)、その金で彼はなにをするのだろうか、という疑問をすぐいだかざるをえない。なんの目的もなくただ金をためて、ついには、久しく待ちわびた相続人にすべてを譲り渡すというのでは、これ以上にわびしいこと、かつ教養人にふさわしからぬことはあるまい。また肉体にも精神にも益にならない贅沢な生活をするために金を浪費することも、これにまさるものではない。このことは、成金連の多くが十分に分っていることだが、それでも生きている限り金から離れがたい。同じように、その金でなにか合理的な仕事や慈善事業をみずから始めることもできないのだろう。しかしもし彼らがその財産を、それにふさわしい人の手(そんな人はいつでも、またどんな社会にもいる)にゆだねることができれば、人間の悲惨も大部分が救われることだろう。

 ルカによる福音書一六の九・二〇―三一に語られている金持も、そのような人間であった。彼は決して悪い人ではなかった。むしろ、その富を有意義に用いるすべを知らなかっただけである。今日でも金持はしばしばそうであるが、しかも聖職者たちはたいてい彼らに向ってそれをいう勇気がない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫

 ルカによる福音書一六の九

ルカによる福音書 16

The Gospel According to LUKE 16
「不正な管理人」のたとえ

9 "And I say to you, make friends for yourselves by unrighteous mammon, that when you fail, they may receive you into an everlasting home.

9 そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン教会

 ルカによる福音書一六の二〇―三一

ルカによる福音書 16

The Gospel According to LUKE 16
金持ちとラザロ

20 But there was a certain beggar named Lazarus, full of sores, who was laid at his gate,

20 この金持ちの門前に、ラザロというできものだらけの貧しい人が横たわり、

21 desiring to be fed with the crumbs which fell from the rich man's table. Moreover the dogs came and licked his sores.

21 その食卓から落ちる物で腹を満たしたいものだと想っていた。犬もやって来ては、そのできものをなめた。

22 So ti was that the beggar died, and was carried by the angels to Abraham's bosom. The rich man also died and was buried.

22 やがて、この貧しい人は死んで、天使たちによって宴席にいるアブラハムのすぐそばに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。

23 And being in torments in Hades, he lifted up his eyes and saw Abraham afar off, and Lazarus in his bosom.

23 そして、金持ちは陰府(よみ)でさいなまれながら目を上げると、宴席でアブラハムとそのすぐそばにいるラザロとが、はるかかなたに見えた。

24 "Then he cried and said, 'Father Abraham, have mercy on me, and send Lazarus that he may dip the tip of his finger in water and cool my tongue,; for I am tormented in this flame.'

24 そこで、大声で言った。『父アブラハムよ、わたしを憐れんでください。ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中でもだえ苦しんでいます。』

25 But Abraham said, 'Son, remember that in your lifetime you received your good things, and likewise Lazarus evil things; but now he is comforted and you are tormented.

25 しかし、アブラハムは言った。『子よ、想い出してみるがよい。お前は生きている間に良いものをもらっていたが、ラザロは反対に悪いものをもらっていた。今は、ここで彼は慰められ、お前はもだえ苦しむのだ。

26 And besides all this, between us and you there is a great gulf fixed, so that those who want to pass from here to you cannot, nor can those from there pass to us,'

26 そればかりか、わたしたちおお前たちの間には大きな淵があって、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない。』

27 "Then he said, 'I beg you therefore, father, that you would send him to my father's house,

27 金持ちは言った。『父よ、ではお願いです。わたしの父親の家にラザロを遣わしてください。

28 for I have five brothers, that he may testify to them, lest they also come to this place of torment.'

28 わたしには兄弟が五人います。あの者たちまで、こんな苦しい場所に来ることのないように、よく言い聞かせてください。』

29 Abraham said to him, 'They have Moses and the prophets; let them hear them.'

29 しかし、アブラハムは言った。『お前の兄弟たちにはモーセと預言者がいる。彼らに耳を傾けるがよい。』

30 And he said, 'No, father Abraham,; but if one goes to them from the dead, they will repent.'

30 金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ、もし、死んだ者の中からだれかが兄弟のところに行ってやれば、悔い改めるでしょう。』

31 But he said to him, 'If they do not hear Moses and the prophets, neither will they be persuaded though one rise from the dead.'"

31 アブラハムは言った。『もし、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう』」

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン教会