蜀犬 日に吠ゆ

1901-10-14

[][]十月十四日 「敵を愛する」というのは はてなブックマーク - 十月十四日 「敵を愛する」というのは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 「敵を愛する」というのは、キリスト教の教義が大いに自慢のたねにする美しい言葉である。しかし、キリスト教徒の実践を見ると、彼らが敵を愛するのを必ずしもあまり多くは見かけない。

 実際に敵を愛するということは、われわれが神と結ばれることによって人間を恐れる習慣をすてたときにのみ、起るのである。そうなった時はじめて、私たちの生涯において敵が実に大きな役割をはたしてくれたことを悟り、相手がこちらの気持ちを誤解しなければ、それに感謝して敵を抱くこともできるような気分になれるのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫