蜀犬 日に吠ゆ

1901-10-15

[][]十月十五日 祈ろうとする時は はてなブックマーク - 十月十五日 祈ろうとする時は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 祈ろうとする時は、まずわたしたちが持っているものに対する感謝をもって始めねばならない。そうすると心が祈りにふさわしい気分に導かれる。つぎに自分の意志を神にゆだね、最後にその日一日のために信仰と愛とをお願いする。それから初めて、目前の必要時を祈らなければならない。己れの意志を神に委ねた時にのみ、われわれの祈願に神がみ心をよせてくださることを、十分の確信をもって期待することが許される。そうでなければ、やはり自力にたよるほかはない。

 しかし、自分の意志を神にゆだねて、神の誤りなき導きに固く信頼しながら、自分勝手に未来を予見しようとせず、一歩一歩未来の闇のなかを進んでゆくならば、およそこの世で可能な、人生の確固とした、静かな幸福が始まるのである。出エジプト記二二の二〇―二二・二五・二七・三〇、同胞教会讃美歌一〇〇九番。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫