蜀犬 日に吠ゆ

1901-10-28

[][]十月二十八日 ある人物から受ける第一印象こそ はてなブックマーク - 十月二十八日 ある人物から受ける第一印象こそ - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)

 かなり落着いて観察することのできる人びとにとっては、ある人物から受ける第一印象こそ、最も正しく、つねに標準となるものである。落着きのない冷酷な、あるいはずるい眼つき、神経質な、あるいはおずおずした手、肉感的な口、無性格な顎、一般に顔の上半分より下半分の方が勝っている顔、これらは隠しきれないものだ。女性においては、無邪気な表情(これは年老いた婦人には多いが、今日の若い娘には少ない)は、全くまねのできないものであって、これはわれわれ(男性)にはありがたいことだ。そのような表情が欠けている場合、何をもっても補うことができない。女性にだまされる者は、つねに自分にも責任がある。

 この無邪気な表情をもたない女性に対しては絶対に用心しなさい。どんな場合にも、そのような女が、あなたの生活に大きな影響を及ぼすのはいけない。反対に、無邪気な女性との交わりは精神的に大へん有益である。また女性から軽んじられることは、いつでも悪い目印である。

 女性の方でも、誤った文化や教育によって損なわれていなければ、どのような男性がしっかりしているかを見きわめる、実に正確な本能的感情を持っているものだ。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第一部 岩波文庫