蜀犬 日に吠ゆ

1919-02-01

[][]二月一日 悪の力のもとは はてなブックマーク - 二月一日 悪の力のもとは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 悪の力のもとは私たちの恐怖心である。私たちがそれを恐れなくなれば、悪はたちまち力が弱くなってしまう。

 だからこそ神は、悪にこんなにも広い活動範囲を許されるのだ。なぜなら、神がしっかり支えてやろうとする人間を、悪は決して征服しえないことを、神はよく知っていられるからである。

 自分を支えてくれる神のみ手をあやうく放しそうになった、あのヨブの宗教性ゆたかな物語は、このことを示している。このようなことはだれの生涯にも起ることである。悪意ある新聞の記事をさえ恐れている人がなんと多いことだろう。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫