蜀犬 日に吠ゆ

1919-02-06

[][]二月六日 ヤコブがその子供たちに はてなブックマーク - 二月六日 ヤコブがその子供たちに - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 創世記第四九章の、ヤコブがその子供たちに与えた祝福は今日から見てもなお注目すべき二、三の預言を含んでいる。まず第一〇節はあからさまに主のことを指している。実際、主はのちにユダの部族から出たのである。しかし次には、あまりに安泰を好んだために奴隷になるというイッサカル部族の運命について(同一五節)である。今日もこのような運命を分かつ者は少なくない。

 次には、ヨセフの部族の幸先よい運命についてである(創世記四九の二二―二六)。この部族は全能者の手によって支えられているので、たとえ悪意の矢をもって射る者がたえず彼を迫害し攻撃しようとも、いぜんとして栄えつづけるという。この地上のすべての善良な、有益な人びとは、いつもこのような種族に属している。ただ彼らに加えられる迫害の兆候が、時として長い間、あるいは全く現れない場合にのみ、その恵まれた運命が疑わしくなってくる。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫