蜀犬 日に吠ゆ

1919-02-25

[][]二月二十五日 自分の信仰が弱まっているとか はてなブックマーク - 二月二十五日 自分の信仰が弱まっているとか - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 あなたがいま自分の信仰が弱まっているとか、実行に疲れたり、あるいはそのむなしさを感じたりしているならば、イザヤ書第五四章、同五五章、コリント人への第二の手紙第四章の初めが力づよい慰めを与えてくれるであろう。そういうことは、最もすぐれた、最も信仰の進んだ人たちに起るものである。しかしこういうことは間もなく過ぎ去るし、また、イザヤ書第五七章に語られているように、もし大きな禍いの時代が近づく場合は――ドイツではそれはもう起りそうな懸念がある――義しい人はあらかじめ連れ去られ、安らかなところに移されることもある。これは期待してよいことだ。――中傷者などを、あなたはすこしも恐れてはならない。彼らはあなたになんら害を加えることはできないのだ。あなたみずからが固く正しいい道を守りつづけていさえすれば、彼らのすることはほんの一時の不快事にすぎない。イザヤ書五四の四―一七、五三の一〇―一二。これらはすべて明らかに彼自身の豊富な経験にもとづく言葉である。だから力があるのだ。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

イザヤ書 54

1 喜び歌え、不妊の女、子を産まなかった女よ。

歓声をあげ、喜び歌え。

産みの苦しみをしたことのない女よ。

夫に捨てられた女の子供らは

夫ある女の子供らよりも数多くなると

  主は言われる。

2 あなたの天幕に場所を広く取り

あなたの住まいの幕を広げ

惜しまず綱を伸ばし、杭を堅く打て。

3 あなたは右に左に増え広がり

あなたの子孫は

諸国の民の土地を継ぎ

荒れ果てた町々には再び人が住む。


4 恐れるな、もはや恥を受けることはないから。

うろたえるな、もはや辱められることはないから。

若いときの恥を忘れよ。

やもめの時の屈辱を再び思い出すな。

5 あなたの造り主があなたの夫となられる。

その御名は万軍の主。

あなたを購う方、イスラエルの聖なる神。

全地の神と呼ばれる方。

6 捨てられて、苦悩する妻を呼ぶように、

主はあなたを呼ばれる。

若いときの妻を見放せようかと

あなたの神は言われる。

7 わずかの間、わたしはあなたを捨てたが、

深い憐れみを持ってわたしはあなたを引き寄せる。

8 ひととき、激しく怒って顔をあなたから隠したが、

とこしえの慈しみをもってあなたを憐れむと

  あなたを購う主は言われる。

9 これは、わたしにとってノアの洪水に等しい。

再び地上にノアの洪水を起こすことはないと

  あのとき誓い

今またわたしは誓う

再びあなたを怒り、責めることはない、と。

10 山が移り、丘が揺らぐこともあろう。

しかし、わたしの慈しみはあなたから移らず

わたしの結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと

  あなたを憐れむ主は言われる。


11 苦しめられ、嵐にもてあそばれ

慰める者もない都よ

見よ、わたしはアンチモンを使って

  あなたの石を積む。

サファイアであなたの基を固め

13 赤めのうであなたの塔を

エメラルドであなたの門を飾り

地境に沿って美しい石を連ねる。

13 あなたの子らは皆、主について教えを受け

あなたの子らには平和が豊かにある。

14 あなたは恵みの業によって堅く立てられる。

虐げる者から遠く離れよ

  もはや恐れることはない。

破壊する者から遠く離れよ

  もはやそれがあなたに近づくことはない。

15 見よ、攻め寄せる者があっても

  わたしによらずには何もなしえない。

攻め寄せる者はあなたの前に倒れる。

16 見よ、わたしは職人を創造した。

彼は炭火をおこし、仕事のために道具を作る。

わたしは破壊する者も創造してそれを破壊させる。

17 どのような武器があなたに対して作られても

何一つ役に立つことはない。

裁きの座であなたに対立するすべての舌を

あなたは罪に定めることができる。

これが主の僕らの嗣業

わたしの与える恵みの業だ、と主は言われる。

新共同訳『聖書』日本聖書教会

イザヤ書 55

御言葉の力

1 渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。

銀を持たない者も来るがよい。

穀物を求めて、食べよ。

来て、銀を払うことなく穀物を求め

価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。

2 なぜ、糧にならぬもののために銀を量って払い

飢えを満たさぬもののために労するのか。

わたしに聞き従えば、

良いものを食べることができる。

あなたたちの魂はその豊かさを楽しむであろう。

3 耳を傾けて聞き、私のもとに来るがよい。

聞き従って、魂に命を得よ。

わたしはあなたたちととこしえの契約を結ぶ。

ダビデに約束した真実の慈しみのゆえに。

4 見よ

かつてわたしは彼を立てて諸国民への証人とし

諸国民の指導者、統治者とした。

5 今、あなたは知らなかった国に呼びかける。

あなたを知らなかった国は

あなたのもとに馳せ参じるであろう。

あなたの神である主

あなたに輝きを与えられる

  イスラエルの聖なる神のゆえに。


6 主を尋ね求めよ、見いだしうるときに

呼び求めよ、近くにいますうちに。

7 神に逆らう者はその道を離れ

悪を行う者はそのたくらみを捨てよ。

主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。

わたしたちの神に立ち帰るならば

  豊かに赦してくださる


8 わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり

わたしの道はあなたたちの道と異なると

  主は言われる。

9 天が地を高く超えているように

わたしの道は、あなたたちの道を

わたしの思いは

  あなたたちの思いを、高く超えている。

10 雨も雪も、ひとたび天から降れば

むなしく天に戻ることはない。

それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ

種蒔く人には種を与え

食べる人には糧を与える。

11 そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も

  むなしくは、わたしのもとに戻らない。

それはわたしの望むことを成し遂げ、

わたしが与えた使命を必ず果たす。

12 あなたたちは喜び祝いながら出で立ち

平和のうちに導かれて行く。

山と丘はあなたたちを迎え

  歓声をあげて喜び歌い

野の木々も、手をたたく。

13 茨に代わって糸杉が

おどろに代わってミルトスが生える。

これは、主に対する記念となり、しるしとなる。

それはとこしえに消し去られることがない。

新共同訳『聖書』日本聖書教会

コリントの信徒への手紙 二 4

The Second Epistle of Paul to the CORINTHIANS
土の器に収めた宝

1 Therefore, since we have this ministry, as we have received mercy, we do not lose heart.

1 こういうわkで、わたしたちは、憐れみを受けた者としてこのつとめをゆだねられているのですから、落胆しません。

2 But we have renounced the hidden things of shame, not walking in craftiness nor handling the word of God deceitfully, but by manifestation of the truth commending ourselces to every man's conscience in the sight of God.

2 かえって、卑劣な隠れた行いを捨て、悪賢く歩まず、神の言葉を曲げず、真理を明らかにすることにより、神の御前で自分自身をすべての人の良心にゆだねます。

新共同訳『新約聖書』国際ギデオン協会


イザヤ書 57

1 神に従ったあの人は失われたが

だれひとり心にかけなかった。

神の慈しみに生きる人々が取り去られても

気づく者はいない。

神に従ったあの人は、さいなまれて取り去られた。

2 しかし、平和が訪れる。

真実に歩む人は横たわって憩う。


3 お前たち、女まじない師の子らよ

姦淫する男と淫行の女との子孫よ

ここに近づくがよい。

4 お前たちは誰を快楽の相手とするのか。

誰に向かって大口を開き、舌を出すのか。

お前たちは背きの罪が産んだ子ら

いつわりの子孫ではないか。

5 大木の陰、すべの茂る木の下で身を焦がし

谷間や岩の裂け目で子供を屠る者らではないか。

6 お前は谷間の滑らかな岩を自分の分とし

彼らを自分の運命とし

それらにぶどう酒を注ぎ

穀物の献げ物をささげた。

わたしがそれらを容赦すると思うのか。

7 高い山の上に、お前は床を設け

そこにも上っていけにえをささげた。

8 お前は扉と門柱の後ろにお前の像を置き

わたしに背いて裸になり

床を広くしてそこに上り

彼らと契約を交わし

床を共にすることを愛し、そのしるしを見た。

9 お前は油を携えてメレク神のもとに足を運び

多くの香料をささげた。

遠く使いを送り、陰府にまで下って行かせた。

10 お前は長い道のりに疲れても

  もうだめだとは言わず

手の力を回復し、弱ることはなかった。

11 誰におびえ、誰を恐れて、お前は欺くのか。

お前はわたしを心に留めず

  心にかけることもしなかった。

わたしがとこしえに沈黙していると思って

わたしを畏れないのか。

12 わたしが述べてみよう、お前の言い分

お前の造ったものどもを。

お前にとって、それらは何の役にも立たない。

13 助けを求めて叫んでも

お前の偶像の一群はお前を救いはしない。

風がそれらすべてを巻き上げ

ひと息でそれらを吹き去るであろう。

わたしに身を寄せる物がこの地を嗣業とし

わたしの聖なる山を継ぐであろう。


へりくだる者の祝福

14 主は言われる。

盛り上げよ。土を盛り上げて道を備えよ。

わたしの民の道からつまずきとなる者を除け。

15 高く、あがめられて、永遠にいまし

その名を聖と唱えられる方がこう言われる。

わたしは、高く、聖なる所に住み

打ち砕かれて、へりくだる霊の人と共にあり

へりくだる霊の人に命を得させ

打ち砕かれた心の人に命を得させる。

16 わたしは、とこしえに責めるものではない。

永遠に怒りを燃やすものでもない。

霊がわたしの前で弱り果てることがないように

わたしの造った命ある者が。

17 貪欲な彼の罪をわたしは怒り

彼を打ち、怒って姿を隠した。

彼は背き続け、心のままに歩んだ。

18 わたしは彼の道を見た。

わたしは彼をいやし、休ませ

慰めをもって彼を回復させよう。

民のうちの嘆く人々のために

19 わたしは唇の実りを創造し、与えよう。

平和、平和、遠くにいる者にも近くにいる者にも。

わたしは彼をいやす、と主は言われる。

20 神に逆らう者は巻き上がる海のようで

静めることはできない。

その水は泥や土を巻き上げる。

21 神に逆らう者に平和はないと

  わたしの神は言われる。

新共同訳『聖書』日本聖書教会


イザヤ書 54

4 恐れるな、もはや恥を受けることはないから。

うろたえるな、もはや辱められることはないから。

若いときの恥を忘れよ。

やもめの時の屈辱を再び思い出すな。

5 あなたの造り主があなたの夫となられる。

その御名は万軍の主。

あなたを購う方、イスラエルの聖なる神。

全地の神と呼ばれる方。

6 捨てられて、苦悩する妻を呼ぶように、

主はあなたを呼ばれる。

若いときの妻を見放せようかと

あなたの神は言われる。

7 わずかの間、わたしはあなたを捨てたが、

深い憐れみを持ってわたしはあなたを引き寄せる。

8 ひととき、激しく怒って顔をあなたから隠したが、

とこしえの慈しみをもってあなたを憐れむと

  あなたを購う主は言われる。

9 これは、わたしにとってノアの洪水に等しい。

再び地上にノアの洪水を起こすことはないと

  あのとき誓い

今またわたしは誓う

再びあなたを怒り、責めることはない、と。

10 山が移り、丘が揺らぐこともあろう。

しかし、わたしの慈しみはあなたから移らず

わたしの結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと

  あなたを憐れむ主は言われる。


11 苦しめられ、嵐にもてあそばれ

慰める者もない都よ

見よ、わたしはアンチモンを使って

  あなたの石を積む。

サファイアであなたの基を固め

13 赤めのうであなたの塔を

エメラルドであなたの門を飾り

地境に沿って美しい石を連ねる。

13 あなたの子らは皆、主について教えを受け

あなたの子らには平和が豊かにある。

14 あなたは恵みの業によって堅く立てられる。

虐げる者から遠く離れよ

  もはや恐れることはない。

破壊する者から遠く離れよ

  もはやそれがあなたに近づくことはない。

15 見よ、攻め寄せる者があっても

  わたしによらずには何もなしえない。

攻め寄せる者はあなたの前に倒れる。

16 見よ、わたしは職人を創造した。

彼は炭火をおこし、仕事のために道具を作る。

わたしは破壊する者も創造してそれを破壊させる。

17 どのような武器があなたに対して作られても

何一つ役に立つことはない。

裁きの座であなたに対立するすべての舌を

あなたは罪に定めることができる。

これが主の僕らの嗣業

わたしの与える恵みの業だ、と主は言われる。

新共同訳『聖書』日本聖書教会

イザヤ書 53

10 病に苦しむこの人を打ち砕こうと主は望まれ

彼は自らのつぐないの献げ物とした。

彼は、子孫が末永く続くのを見る。

主の望まれることは

  彼の手によって成し遂げられる。


11 彼は自らの苦しみの実りを見

それを知って満足する。

わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために

彼らの罪を自ら負った。

12 それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし

彼は戦利品としておびただしい人を受ける。

彼が自らをなげうち、死んで

罪人のひとりに数えられたからだ。

多くの人の過ちを担い

背いた者のために執り成しをしたのは

この人であった。

新共同訳『聖書』日本聖書教会