蜀犬 日に吠ゆ

1919-04-21

[][]四月二十一日 なんと多くの人たちが、 はてなブックマーク - 四月二十一日 なんと多くの人たちが、 - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 なんと多くの人たちが、明らかに彼らの鎖を引きずりまわっていることだろう。このことい気づくならば、われわれはもっと同情深くなるはずだ。ところが、本当に驚くほど多く見うけられる人間同士の嫌悪も、やはりここから生じるのである。それは、他人を援助しなければなるまいという恐れだとか、それとももっと親しく知り合えば、きっとろくに善いものは発見できないだろうという、確かな予想があるからだ。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫