蜀犬 日に吠ゆ

1919-08-31

[][]八月三十一日 今日一番よくない著作は はてなブックマーク - 八月三十一日 今日一番よくない著作は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月三十一日

 今日、一番よくない著作は、情熱からではなく、理論的確信によって、人間をふたたび動物界に引きもどそうとする、まじめで、しかも感覚的な書物である。それと並んで、よくないものは、一般向きの体裁で書かれた神学的・批判的著書である。これらは、そうでなくても貧しいこの世の中において、天国をも、また厳としてゆるがぬ理想をも、人間に許そうとしないものである。

 かような本の著者は、おそらく、たいていすでにその生存中から、神のもっとも重いさばきを受けるであろう。ところが一方、キリストは、単に軽率な行き方をしているだけの罪人に対しては、彼を模倣しようと考えているわれわれから見ても、ほとんどどうかと思われるほどの寛大な判定をくだされた。だが、こういう判決こそ唯一の正しいさばきといわねばならない。それだから、ダンテは、彼が描いたフランチェスカ・ダ・リミニ*1をむしろ煉獄篇に移すべきであったろう。思うに、これは『神曲』の、たしかに美的欠陥ではないまでも、やはり心理的欠陥であろう。同情と後悔とは、地獄にふさわしいものではないからである。

 この点で、テニソンはランスロット*2とギネヴィアの描写にあたり、ダンテにおとらぬ詩的表現力を示し、しかも心理的真実においては幾分まさっている。彼の「国王牧歌」は、多くの下らぬ作品よりもかえって世間に知られていないけれども、ダンテと並べて遜色のないものである。とくに、この詩は、本能的なものを弁護する女性たちや、通俗的不信仰を世に広める神学者たちを、拒否する姿勢をうち出している。これらの人たちは尊敬に値いするどころか、有害な人たちである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:ダンテは『神曲』地獄篇第五歌で、フランチェスカが夫の弟パウロと不義の恋に陥ちた罪を厳しく描いている。

*2:ランスロットはアーサー王物語の円卓騎士のひとりで、王妃ギネヴィアを恋した。

1919-08-30

[][]八月三十日 若い男女の言行を はてなブックマーク - 八月三十日 若い男女の言行を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月三十日

 あなたは若い男女の言行をあまり本気にとってはならない。ことに、現代のように、あらゆる真理が公然と論議され、論難されて差支えなく、また大胆不敵に振舞いさえすれば、どんな愚考も悪事も、たちまち多数の追随者を見出して、そんな人間がパンテオン(偉人の霊廟)にさえ入りかねないような時代にあっては、若い人びともいろいろと動揺せざるをえない。とくに今日では、彼らはキリスト教的人生観と唯物一元論やあるいは耽美主義の人生観などのあいだに動揺を経験することだろう。残念ながら、彼らに決定的な影響を与えるものは、ぜんぜん経済的な考慮でないとすれば、ほとんど一つの偶然だろう。たとえば、ある一冊の書物か、ある仕事か、結婚か、幸運な、または不幸な出会いなどであろう。だから、同じように、別のきっかけがあれば、違った道を歩くこともできたであろう。三十五歳から五十歳までの人の言ったりしたりすることは、まだその人のできあがった意見ではなく、その最終の判断でもない。それはまだ修正されることが考えられるのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-29

[][]八月二十九日 人生の幸福な時期というのは はてなブックマーク - 八月二十九日 人生の幸福な時期というのは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十九日

 人生の幸福な時期というのは、要するに、仕事に没頭している時である。「説教集のうえに身をかがめ、あたたかな煖炉のそばに」腰かけている正直者のタム*1だとか、あるいは、家臣にあがめられ、いまだに家長然として彼らに囲まれながら、静かな老年をたのしんでいる気品の高い領主(ペスタロッチ*2)の書いた太守アルナーの型の)だとか、または、前世紀のある時期に出された書物によくある型の「おだやかな」牧師や立派な老教育家など、このような感傷的な人物像は、つねに単なる空想の産物であるか、それともいずれにせよ、現代のわれわれの社会ではもはや真実とはなりえないものである。最後の息をひきとるまで活動的であることが、現世の生活の意義であり、モットーである。学者や聖職者たちにとってすら、そうである――これがわれわれ人間の運命であるならば!

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:スコットランドの大詩人ロバート・バーンズ(一七五九―九六)の物語『タム・オ・シャンター』の主人公を指すのであろうか。

*2:ヨーハン・ペスタロッチ(一七四六―一八二七)、スイスの有名な大教育家。

1919-08-28

[][]八月二十八日 臆病者や気おくれした者が はてなブックマーク - 八月二十八日 臆病者や気おくれした者が - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十八日

 臆病者や気おくれした者が、意識的に邪悪な「この世の君サタンのしもべたち」と同じくらいに、世の中の善を妨害することも、疑いない事実である。この世の君は、ひとが考えるほど多くの忠実な、すっかり肝(はら)の据わった手下を持っているわけではなく、むしろ手下については大いに苦言を言うべき理由をたくさん持っている。

 誠実は、本来、人間の内なる神の国の一部分であって、悪魔の世界秩序には属しないものである。悪魔はたいてい不誠実なしもべどもを使って仕事をし、それで満足するほかはない。だから、ヨブ記には、元来、第二部かエピローグのあるのがふさわしいので、だれか天分ゆたかな詩人が、いつかそういうものを書いて、そこでサタンが自分のみじめな運命を嘆くという筋にすべきであろう。人間たちはサタンにいろいろ幻滅ばかりをなめさせている。しばしば、サタンがその仕事について上首尾だと信じきっているときにも、よく一杯くわされてきた。これこそまさに、サタンに下される裁きである。

 しかし、世の中にはただ新聞の賞賛や非難の声に屈従する、いやしむべき中間人種がいて、彼らは、新聞の声が、それもごくつまらぬ種類のものが、攻撃を加えると、直ちに最も善い事柄や人間をも見捨ててしまうし、また、文学上か何かの、最大の暴君やその他の悪漢どもが、新聞や出版で成功をおさめると、すぐさま彼らの名誉の回復をはかってやり、あるいは国民の光栄の殿堂に祀りあげさえする。こういう中間人種の連中こそ、まさに共和国に破滅をもたらす人たちである。というのは、共和国では、いわゆる「世論」の権威以外に権威が存在しないからだ。すでにダンテは、自分の豊かな経験から、このような連中をよく知っており、『神曲』地獄篇第三歌のなかで彼らを曝しものにしている。あなたは決して彼らの仲間に加わってはならない。というのは、この連中こそまさしく悪魔のとっておきの親衛隊であり、それがなければ、悪魔はその手兵の欠乏のために、とっくにこの世の支配を放棄せねばならなかったであろうから。南阿戦争はこのことについて、実に見事な挿絵を提供した。この戦争の際に、上は指導者たちに至るまで、いかに多くの人びとが、初めの意見を変えてしまったことか! イギリスの王冠をかざっている大きなダイヤモンドは、この事件の思い出を永久に語りつづけるであろう。王冠みずからが、善と悪とのあいだの中ぶらりん階級に特有な近視的世才でもって、そのような処置をとったのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-27

[][]八月二十七日 勝利を得る者はすべてを受け継ぐ はてなブックマーク - 八月二十七日 勝利を得る者はすべてを受け継ぐ - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十七日

 ヨハネの黙示録二一の七・八*1。勝利を得る者はすべてを受け継ぐであろう、敵の攻撃を受けない者が、そうするのではない。攻撃を受けないなどということは、この人生ではおよそ起りえないことである。そして臆病者は、公然たる敵や背教者と同じ悲惨な運命を覚悟しなければならない。一体、なぜであろうか。たしかに、臆病者は、神を本当に信ぜず、真剣に神に呼びかけないからである。彼らが信じるのは、もともと悪であり、また、彼らの感情からいえば万能にして無敵な悪の力である。悪こそはこの世の君であるから、すべてが悪の力に屈するにちがいないと思っているのだ。しかし、これは、神への信仰とか神へ仕えるとか呼ばれるものとは正反対のものである。だから、よく考えてみると、この一見はなはだ苛酷に思われる判決(黙示録)をも、われわれは是認しなければならない――そして、われわれが臆病におそわれそうな場合には、この判決を自分にも適用しなければならない。

 わたし自身、必要なときに、いくどとなくこの黙示録の言葉に耳をかたむけてきた。そこで、多くの人びとに軽んじられがちの黙示録を、この言葉のゆえだけでも、わたしの聖書の版から失いたくないと思う。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

ヨハネの黙示録

REVELATION 21

7 勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐ。わたしはその者の神になり、その者はわたしの子となる。

7 He who overcomes shall inherit all things, and I will be his God and he shall be My son.

8 しかし、おくびょうな者、不信仰な者、忌まわしい者、人を殺す者、みだらな行いをする者、魔術を使う者、偶像を拝む者、すべてうそを言う者、このような者たちに対する報いは、火と硫黄の燃える池である。それが、第二の死である。」

8 But the cowardly, unbelieving, abominable, murderers, sexually immoral, sorcerers, idolaters, and all liars shall have their part in the lake which burns with fire and brimstone, which is the second death."

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

*1:「勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。しかし、臆病な者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。」

1919-08-26

[][]八月二十六日 キリスト教がその心にまだ はてなブックマーク - 八月二十六日 キリスト教がその心にまだ - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十六日

 詩篇二五の七*1。キリスト教が、その心にまだしっかり根をおろしていないすべての人びとにありがちな、この世の不安は、はなはだ無益な思い出から来ることが多い。そういう思い出は、しばしば、さながら「武装した兵士」のように彼らに襲いかかるものである。

 とりわけ、眠られぬ夜の暗やみのなかでは、まだ忘れ去らぬ過去の古い亡霊があらわれる。われわれが忘れないと同様に、われわれに何か不正を加えられた他人も、やはり忘れていない。彼らもそのことを、しかもおそらく同じ時刻に、別の世界においてでさえ、思い出しているだろう! われわれはむろんそんなことを知りはしないが、このような感応作用はありうるものと思われる。

 もの忘れの薬は、まだどんな薬剤師も秘薬商も発明していない。しかし、その代用品であるアルコール飲料が、この世でこんなにもうち勝ちがたい力を持っているのは、時としてその力をかりて麻痺させねばならないほどの思い出が、人びとの心にあるからだ。思い出に対する唯一の効き目のある薬はじつは、思い出そのものの力である、すなわち、神の力と慈愛を思い出すことである。神の力と慈愛は、過去のなかに雑然と埋もれている、あらゆる種類の、無数のつらい思い出を恵みぶかくも、断ち切ってやろうと計り、また実際にそれをなしとげてきた。

 このことを考えても、もし思い出があなたを襲いそうなときには、すぐ明かりをつけなさい。というのは、思い出はがんらい無益なものであるが、ただしそれは、あなたが神やキリストに無関心になったときに、あなたをふたたびもっと固く神に結びつけるためには役立つものである。おそらくこの理由から、思い出は、神の国の秩序においても存在しつづけるであろう。過去の影のなかからふたたび突然浮かびあがってくる過ぎし日の思い出が、ときには門番の番犬の役目をはたすこともある。しかし、この犬は鎖につながれている。そのことを忘れてはならない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「わたしの若き時の罪と、とがとを思い出さないでください。主よ、あなたの恵みのゆえに、あなたのいつくしみにしたがって、わたしを思い出してください。」

1919-08-25

[][]八月二十五日 この世の霊と不安とは はてなブックマーク - 八月二十五日 この世の霊と不安とは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十五日

 この世の霊と不安とは、なおいぜんとして、ときには全く突然に、あなたを襲うであろう。それらのものの地盤は不和であって、そこから養分をとって栄えるのである。この不和とつねに結びついている、この世の恐れに対して平安をうる道は、ただ、キリストと密接につながることのほかにはない。その他のどのような道も完全に真の平和に導くものではない。最もすぐれた哲学でさえ、いつも不安であるか、厭世的である。というのは、すべての場合に対処して十分に役立つある力を、哲学は信じることができないからだ。ところが、この力こそ、真理にたいするあれゆる抵抗を克服しようと欲し、またそうすることができるものであり、それによってのみ平和が達成されるのである。ヨハネによる福音書一六の三三*1、詩篇第二五篇、ヨハネの第一の手紙五の四*2

 いつでもできれば、たえず平和をつくり出す人になりなさい。マタイによる福音書五の九*3

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

ヨハネによる福音書

JOHN 16

33 これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。

33 These things I have spoken to you, that in Me you mayhave peace. In the world you will have tribulation; but be of good cheer, I have overcome the world."

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

ヨハネの手紙 一

1 JOHN 5

4 神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。

4 For whatever is born of God overcomes the world. And this is the victory that has overcome the world ― our faith.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

マタイによる福音書

MATTHEW 5

9 平和を実現する人々は、幸いである。

その人たちは神の子とよばれる。

9 Blessed are the peacemakers, For they shall be called sons of God.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

*1:「これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている。」

*2:「なぜなら、すべて神から生れた者は、世に勝つからである。そして、わたしたちの信仰にこそ、世に勝たしめた勝利の力である。」

*3:「平和をつくり出す人たちは、さいわいである。彼らは神の子と呼ばれるであろう。」

1919-08-24

[][]八月二十四日 単にある使徒や宗教改革者の約束などでなく はてなブックマーク - 八月二十四日 単にある使徒や宗教改革者の約束などでなく - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 ヨハネによる福音書一五の七*1。ただ単にある使徒や宗教改革者の約束などでなく、主みずからのこの積極的な確約に接しては、主にたいして正しい立場を守っている人なら、本当に、もはや不平などこぼさず、ただ祈り求めるであろう。そうする方が、結局、こころよく、またたやすいのである。なぜなら、だれが不平によろこんで耳をかすものがあろうか。

 そうでなかったら、それはまるで武器や弾薬を十分もちながら、それをおいて逃げ出す兵士か、あるいは百万長者のくせに暮らすだけのものがないと始終こぼしている人のようなものだ。

 しかしこの黄金の聖句(実際的にとれば、ほとんど聖書全体のうちで最もすぐれた言葉である)の前提条件である「あなたがたがわたしにつながっておるならば……」という言葉を、見逃してはならない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにとどまっているならば、なんでも望むものを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。」

1919-08-23

[][]八月二十三日 キリスト者の家庭でもよく有害な役割を はてなブックマーク - 八月二十三日 キリスト者の家庭でもよく有害な役割を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 マタイによる福音書二六の六―二四*1。この物語も、ほかのどんな物語にも劣らず、福音書になくてはなるまい。というのは、この物語は、キリスト者の家庭でもよく有害な役割を演じがちな、狭量で、ちっぽけな、もの惜しみの精神を、彼らから取去り、そして、この点でも、主の否みえぬ実例によっていつもながらありがたく感じられるような、宏量さが示されているからである。われわれも、主と同じようにあるべきであり、あることができる。ユダはこれと反対のもの、つまり、窮屈で、ちっぽけなキリスト者であり、彼には万事がある種の秩序か、方法かに(なるほど、それは規則としては申し分ないかもしれないが)、ぜひとも従っていなくてはならないのだ。とにかく彼は例外というものを知らない。彼の理解するキリスト教に寸分違わずできていない人間は、世俗の仲間だと思う。ユダはキリスト教について思い違いをした! こんな種類の人たちは今でもいる。彼らは今日でもやはり、キリストを裏切ることがありうるだろう。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「さて、イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられたっとき、ひとりの女が、高価な香油を入れてある石膏のつぼを持ってきて、イエスに近寄り、食事の席についておられたイエスの頭に香油を注ぎかけた。すると、弟子たちはこれを見て憤って言った、『なんのためにこんなむだ使いをするのか。それを高く売って、貧しい人たちに施すことができたのに』。イエスはそれを聞いて彼らに言われた、『なぜ、女を困らせるのか。わたしによい事をしてくれたのだ。貧しい人たちはいつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。この女がわたしのからだに香油を注いだのはわたしの葬りの用意をするためである。よく聞きなさい。全世界のどこでも、この福音が宣べ伝えられる所では、この女のした事も記念として語られるであろう』。時に、十二弟子のひとりイスカリオテのユダという者が、祭司長たちの所に行って言った、『彼をあなたがたに引き渡せば、いくらくださいますか』。」

1919-08-22

[][]八月二十二日 敵の方が正しいこともある はてなブックマーク - 八月二十二日 敵の方が正しいこともある - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十二日

 ときには、敵の方が正しいこともある。というのは、人間のこころは生まれつきはなはだ利己的であって、どんな論難攻撃をもすべて自分にたいする侮辱だと感じるからである。そういう敵の言い分についても、すべての復讐を神にゆだねる習慣をつけると、ずっと公平無私な気持で検討できるようになる。これに反して、ある人に反対することが義務である場合は、そのあと相手に憎悪の念が固まることのないように、もっと近い機会に、その人に親愛を示すようにこころがくべきであろう。なるべく早く親しい言葉をかけるだけでも十分なことが、よくあるものだ。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-21

[][]八月二十一日 積極的な生活をいとなむかぎり はてなブックマーク - 八月二十一日 積極的な生活をいとなむかぎり - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十一日

 サムエル記上二五の二八・二九*1。われわれがなんらかの積極的な生活をいとなむかぎり、敵の攻撃は避けがたい――これらの敵や悪意ある者に対する憎悪がわれわれの心に芽ばえないうちに、ただちに神にゆだねるならば、それは単なる習慣であっても、たいへんよい習慣である。そうすれば、われわれにとって事態は悪くなるよりも、むしろよくなるものである。わたし自身このことをいくどとなく経験してきた。イザヤ書四一の一一―一三*2

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「どうぞ、はしためのとがを許してください。主は必ずわが君のために確かな家を造られるでしょう。わが君が主のいくさを戦い、またこの世に生きながらえる間、あなたのうちに悪いことが見いだされないからです。たとい人が立ってあなたを追い、あなたの命を求めても、わが君の命は、生きている者の束にたばねられて、あなたの神、主のもとに守られるでしょう。しかし主はあなたの敵の命を、石投げの中から、投げるように、投げ捨てられるでしょう。」

*2:「みよ、あなたにむかって怒る者はみな、はじて、あわてふためき、あなたと争う者は滅びて無に帰する。あなたは、あなたと争う者を尋ねても見いださず、あなたと戦う者は全く消えうせる。あなたの神、主なるわたしはあなたの右の手をとってあなたに言う、『恐れてはならない、わたしはあなたを助ける』。」

1919-08-20

[][]八月二十日 信仰をもってまじめにしんぼう強く  はてなブックマーク - 八月二十日 信仰をもってまじめにしんぼう強く  - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二十日

 信仰をもって、まじめに、しんぼう強く祈願するならば、いともたやすく自分を変え、悪い性質や習慣をなくすることができる。山を移すこともできる信仰は、人の心を変えることができるものだ。ところが、よい意図や熟慮でもって、本章を変えようとすると、非常に困難で、とにかく、はかばかしくゆかないことがわかるだろう。大切なのは、ある事を洞察することではなく、あることへ惹かれる性向(たとえば飲酒癖や、怒りっぽい気質や、嫉妬心など)を、すっかり捨てさることである。しかし、祈願は、そのほかにも、他人のため、たとえば自分の子供たちのためにも、行うことができる。

 ヨハネによる福音書一五の七、一六の二四*1

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

ヨハネによる福音書

JOHN 15

 イエスはまことのぶどうの木

7 あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。

7 If you abide in Me, and My words abide in you, you will ask what you desire, and it shall be done for you.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

ヨハネによる福音書

JOHN 16

悲しみが喜びに変わる

24 今までは、あなたがたは私の名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」

24 Until now you have asked nothing in My name. Ask, and you will receive, that your joy may be full.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

*1:「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにとどまっているならば、なんでも望むものを求めるがよい。そうすれば与えられるであろう。」「今までは、あなたがたはわたしの名によって求めたことはなかった。求めなさい、そうすれば与えられるであろう。そして、あなたがたの喜びが満ちあふれるであろう。」

1919-08-19

[][]八月十九日 キリストを格別すぐれてもいないひとりの人間だと言ったり はてなブックマーク - 八月十九日 キリストを格別すぐれてもいないひとりの人間だと言ったり - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月十九日

 ナホム書一の七―一二*1。今日、キリストを、格別すぐれてもいないひとりの人間だと言ったり、三位一体説を否定したり、または、教会や聖職者たちを一概になくしたがるような人がいるのは、もちろん嘆かわしいことである。だが、そんなことをする自由が許されているということは、嘆くべきことではない。それともあなたは、セルヴェトゥス*2をジュネーヴで焼き殺したあの時代や、または、神や聖職者たちをせいぜい恐れはしたが愛しはしなかったわれわれの若い時代の方を、現代よりもすぐれていると思うか。

 これと反対に、いまや次のような時代が近づきつつある、すなわち、まず第一に、このような人生の宝もなく、全く無宗教の市民社会(たとえばフランスの急進主義者が想像したような社会)、つまり間もなく救いようもなく野蛮におちいりそうな社会にあって、その一員として生きるのは、ご免だという感情がふたたび生まれてきつつある。次には、こうして愛の戒めに対する理解がふたたび目ざめると、そのなかから新しい教会(あるいはおそらく新しい教会へのいくつかの方向)が生じてくるだろう。しかしそれは、たぶん個々の新しい外的形式をとり入れ、一方、さまで重要でない陳腐な形式を捨てながらも、やはり古くからの基礎のうえに建設されるであろう。――たとえば、私個人としては、塔やステンドグラスでひときわ目立つ特別な建物のなかでなくて、普通の広間に集まり、場合によっては、普通の服を着た才能ある平信者の話を聞くのであっても、一向にさしつかえない。また、教会の長老たちがいなくても、それから、聖盃に「キリストにおける兄弟」の口がふれると直ぐ盃を注意深く回して、布でぬぐう(でないと杯のふちに細菌がついているかもしれないから)「聖盃奉持者」がいなくても、私は困らないだろう。オルガンだって、なくてはどうしても困るというわけではない。とにかく、そういうものは個人的な感情であって、主要な事柄ではない。むしろ、キリストみずから、ヨハネによる福音書一四の一七*3・―二三において、彼の教団の基礎だと明言されているものが肝要である。まず、このような人びとがふたたび存在するようになれば、同一の愛が人びとを動かして教団をつくらせ、同一の霊が宿っているのだから、教団としての必要な形式はきわめて容易に見出されるであろう。ところが現在、人びとは、逆の端から事を始めようとこころみ、てんで真理の霊もないのに、新しい教会の形式をつくり出そうとしている。或いは、そればかりか、太っ腹な教会を創設し、そこでは各人がちがった信仰を持つことができ(しかも多くの人は全く無信仰であってもよい)、牧師たちも、もしそういうものがまだ存在するとすれば、種々雑多の勝手な「意見」を述べてよろしい、いわばこのような教会をつくろうとする人もいる。あなたは、このような怪物が一世代以上もつづくと考えるか、また、歴史的キリスト教をなお信じている人びとがのこらずつぎつぎに脱退していっても、その教会の唯一の支えが失われずにすむと信じるのか。それともあなたは、以前あなたが古くからの教会に対してあんなに強く主張していた「信仰と霊の自由」をまた捨てて、ちょうどルソーのように、国家の市民的宗教に属しない人間を処罰しようとでも思うのか。

 あなたは、ものごとを、その現在さけられない、必然的な推移にまかせるがよい。しかしにせものにはすべて用心しなさい。われわれは、ただ古いにせものを、新しいにせものと取りかえようとは思わないのだから。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

ヨハネによる福音書

JOHN 14

聖霊を与える約束

17 この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたとともにあり、これからも、あなたがたの内にいるからである。

17 the Spirit of truth, whom the world cannot receive, because it neither sees Him nor knows Him; but you know Him, for He dwells with you and will be in you.

18 わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。

18 I will not leave you orphans; I will come to you.

19 しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。

19 "A little while longer and the world will see Me no more, but you will see Me. Because I live, you will live also.

20 かの日には、私が父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。

20 At that day you will know that I am in My Father, and you in Me, and I in you.

21 わたしの掟を受け入れ、それを守る人は、私を愛する者である。私を愛する人は、私の父に愛される。わたしもその人を愛して、その人にわたし自身を現す。」

21 He who has My commandments and keeps them, it is he who loves Me. And he who loves Me will be loved by My Father, and I will love him and manifest Myself to him."

22 イスカリオテでない方のユダが、「主よ、わたしたちには御自身を現そうとなさるのに、世にはそうなさらないのは、なぜでしょうか」と言った。

22 Judas (not Iscariot) said to Him, "Lord, how is it that You will Manifest Yourself to us, and not to the world?"

23 イエスはこう答えて言われた。「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしはその人のところに行き、一緒に住む。

23 Jesus answered and said to him, "If anyone loves Me, he will keep My word; and My Father will love him, and We will come to him and make Our home with him.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

*1:「主は恵み深く、なやみの日の要害である。彼はご自分を避け所とする者を知っておられる。しかし彼はみなぎる洪水であだを全く滅ぼし、おのが敵を暗やみに追いやられる。あなたがたは主に対して何を計るか。彼はその敵に二度としかえしをする必要がないように敵を全く滅される。……」

*2:ミゲル・セルヴェトゥス(一五一一―五三)、スペイン生まれの医師、自由思想家、カルヴァンの時代に三位一体を否定したという理由で異端としてジュネーヴで処刑された。

*3:「それは真理のみ霊である。この世はそれを見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なっぜなら、それはあなたがたとともにあり、あなたがたのうちにいるからである。」「わたしのいましめを心にいだいてこれを守るものは、わたしを愛する者である。わたしを愛する者は、わたしの父に愛されるであろう。わたしもその人を愛し、その人にわたし自身をあらわすであろう。」「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。わたしの父はその人を愛し、また、わたしたちはその人のところに行って、その人と一緒にに住むであろう。」

1919-08-18

[][]八月十八日 悪の霊はあなたを はてなブックマーク - 八月十八日 悪の霊はあなたを - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 詩篇第九四篇。悪の霊は、あなたを味方に獲ることも、おどすことも望めなくなると、こんどはあらゆる悪の助手や手先をつづけざまにあなたのところにさし向けて、悪の霊の許可がなければ完全には持続できない世間の人気を、あなたから奪い去ろうとする。ときには、あなたのごく身近な人びとまでが悪の仕事に手をかさねばならぬこともある。幸いに、マルコだけは、そのような一例を忘却から救ってくれた。マルコによる福音書三の二一*1

 こういうことが始まるならば、一般にそれはよい兆候である。なぜなら、われわれはしばしば、全く自分の意志に反して、戦いに動員されることがあるからだ。

 問題はいつもながら、時と永遠の国を賭けての大勝負に、最後にはだれが勝つかということである。そのさい、この地上はその勝負の舞台であり、ときには血なまぐさい戦場と化すべき運命にあるように見える。たえず戦いは、疲れやすみののち、あらたに一層大がかりに始まる。諸般の様子から察するに、今やふったびその戦いが起こりかけているようだ。

 敵の仮面はすでにはずされたものもあり、はずれかかっているものもある。すでに彼らの旗じるしもはっきり示されている。すなわち、自然科学的唯物論またの名は一元論、耽美主義、社会主義、合理主義、霊交術、オックルティスムス(神秘学)や、さらに仏教やマホメット教までが、いまや力を合わせ、大挙して歴史的キリスト教に向かって進撃してくる。キリスト教は、まず分散したその兵力を集結し、つぎにその指導者を点検する必要に迫られるだろう。いずれにせよ指揮者たるべき人は単なる「聖書学者やパリサイ人」や、イエズス会士であってはならない。いまはさしあたり、ただその「先駆者」や「道をつくろう者」がいるだけである。イザヤ書五八の一二*2

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「身内の者たちはこの事を聞いて、イエスを取押さえに出てきた。気が狂ったからである。」

*2:「あなたの子らは久しく荒れすたれたる所を興し、あなたは代々やぶれた基いを立て、人はあなたを『破れを繕う者』と呼び、『市街を繕って住むべき所となす者』と呼ぶようになる。」

1919-08-17

[][]八月十七日 善良で教養のある人に属していながら はてなブックマーク - 八月十七日 善良で教養のある人に属していながら - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 もっとも善良で教養のある人に属していながら、すべてのキリスト教的な啓示宗教に親しみを持たず、そういう宗教を意識的あるいは無意識的な欺瞞だとみなす人がいかに多いかを知るのは、まことに胸いたむ思いがする。そういう考えをいだくのは、彼らの宗教教師の責任であるが、しかし理解の妨げとなっているのは、なんらかの、時として小さな障害であることが多い。だが、彼らに一番強く影響しているのはまわりの実例である。このような誠実なキリスト教反対者その人のなかからでなくても、その子や孫のなかから、神は来たるべき教団の最もすぐれた建築師を召されるであろう。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-16

[][]八月十六日 預言者はひたすら はてなブックマーク - 八月十六日 預言者はひたすら - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 民数記二三の一二*1。預言者(バラム)はひたすらこの言葉を守りつづけるべきであったろう。

 今日でも、部分的には神の霊にはげまされ活気づけられているように見える人たちがいる。しかし、自分勝手なつけたしが非常に多く、あるいは名誉欲や、そのほかの不純な下心を持っているので、彼らの言葉に含まれている善いものが効力を失ってしまう。ところが、彼らの言葉そのものは、そのなかに神から来たものでなくて、彼ら自身のものが加えられていたるために、かえって現代人にはわかりよく、気にいるのである。

 トルストイはそのような偉大な実例である。別の例をあげると、マホメットもそうであり、アーヴィングやドーヴィ*2も同様である。

 キリストもそのような誘惑をうけたが、当時の聖書をあくまで守った。これは今日でも冷静を失わないための最もよい方法である。ルカによる福音書四の四―一二。

 もしある人が、自分だけの衝動から事を行ってなに一つ成功しないなら、それは神の特にはかり知れない恩寵なのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「バラムは答えた、『わたしは、主がわたしの口に授けられる事だけを語るように注意すべきではないでしょうか』」

*2:アーヴィング(一七九二―一八三四)、ドーヴィ(一八四六―一九〇七)、いずれもイギリスの狂信的教派の創始者。

1919-08-15

[][]八月十五日 人びとに心のやすらぎを はてなブックマーク - 八月十五日 人びとに心のやすらぎを - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月十五日

 人びとに心のやすらぎ(慰め)を与える能力は、かならずしも宗教的能力の最大のものではないが、他人にとってはおそらく一番ありがたいものであろう。しかし、このような能力をもつ人に対しては、どんな種類の押しつけがましさも許されるのだ、信仰などまるでなくても遠慮なくすがりついてよい、などと信じている連中を相手にするときは、こういう人もたえず忍耐と、もの分かりのよい落着いた心とを神に乞わずにはいられない。キリストでさえ、そんな連中には時おり腹を立てている。マルコによる福音書九の一九、六の四六*1

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

マルコによる福音書

MARK 9

19 イエスはお答えになった。「なんと信仰のない時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をわたしのところに連れて来なさい。」

19 He answered him and said,"O faithless generation, how long shall I be with you? How long shall I bear with you? Bring him to Me."

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

マルコによる福音書

MARK 6

湖の上を歩く

46 群衆と別れてから、祈るために山へ行かれた。

46 And when He had sent them away, He departed to the mountain to pray.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会

*1:「イエスは答えて言われた、『ああ、なんという不信仰な時代であろう。いつまでもわたしはあなたがたと一緒におられようか。いつまでもあなたがたに我慢ができようか。』」「そして群衆に別れてから祈るために山へ退かれた。」

1919-08-14

[][]八月十四日 あまりに多すぎる休息は はてなブックマーク - 八月十四日 あまりに多すぎる休息は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 あまりに多すぎる休息は、少なすぎるのと同じように、ひとを疲れさせるものである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-13

[][]八月十三日 キリストはおそらくあなたの生活について はてなブックマーク - 八月十三日 キリストはおそらくあなたの生活について - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 テモテへの第一の手紙一の一六*1。キリストはおそらくあなたの生活についても、彼のなしうるすべてのことを示そうと望んでいる。それゆえ、あなたはいつも多くの、さまざまな苦しみを受けるにちがいないが、そのさい、あなたは不幸に感じたり、いや、ただ不機嫌になるだけでもいけない。ドラモンドは、これについて本当によいことを言っている、「われわれにとって試煉にともなう大きな祝福は、それによってわれわれがより広い視野を持つことができ、また、どのような永続的な宝のために生きるのが価値あるものかを、判断する力を養う点にある。」エペソ人への手紙第三章。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:しかし、わたしがあわれみをこうむったのは、キリスト・イエスが、まずわったしに対して限りない寛容を示し、そしてわたしが今後、彼を信じて永遠のいのちを受ける者の模範となるためである。

1919-08-12

[][]八月十二日 もしある国に はてなブックマーク - 八月十二日 もしある国に - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 詩篇一三二の一四*1。もしある国に、この詩篇の言葉の意にかなった人がただひとりでもいるかぎり、神はその国を滅ぼされないであろう。これは「支え」となる人びとであり、彼らにめんじて禍いがまだ起らないのである。民衆はいつも、それについて一種の本能的感覚を持っているものだ、たとえ彼らがこの戒めの言葉に従わないで、自分たちにもっと似ているのでいっそう安易な気のするほかの指導者を選ぶとしても。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「これはとこしえにわが安息所である。わたしはこれを望んだゆえ、ここに住む。」

1919-08-11

[][]八月十一日 人びとを愛することが はてなブックマーク - 八月十一日 人びとを愛することが - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 人びとを愛することができなければ、彼らを恐れざるをえない。人びとにたいしては無関心でいることはできないし、彼らから全く離れえるわけにもいかないからである。

 同胞教会讃美歌二八三番(ツィンツェンドルフ作)。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-10

[][]八月十日 正しきをおこないなにびとをも はてなブックマーク - 八月十日 正しきをおこないなにびとをも - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 「正しきをおこない、なにびとをも恐れるな」ということわざだけでは、この世を渡ることはできない。まずう、だれも全く正しいおこないはできないし、その意味ですでに前提が欠けている。次に、なにびとも、たとえ最も身分の高い人でも、他人の奉仕や好意に頼らずに生きてゆけないのである。だからこの言葉は、たいていはただ傲慢でかたくなな心情の表われにすぎず、しかも望みどおりの効果をおさめることができない。こんな言葉は一種の無知のおごりのせい(だからだれからもひどく反撥される)であるか、さもなければ、それは「平々凡々たるやから」の逃げ口上にすぎない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-09

[][]八月九日 これまで仇き同士であったものが はてなブックマーク - 八月九日 これまで仇き同士であったものが - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 箴言一六の四・七*1。これまで仇き同士であったものが、神の導きにより接近せざるえず、ついに和解した場合、それはいわば人生の饗宴に供せられた特別の、しかしそうざらにないご馳走である。あなたがそのようなことを体験したら、感謝のしるしに特に大きなローロクを神にささげる義務がある。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「主はすべての物をおのおのその用のために造り、悪しき人をも禍の日のために造られた。……人の道が主を喜ばせる時、主はその人の敵をもその人と和(やわ)らがせられる。」

1919-08-08

[][]八月八日 わざとらしい心づかいは はてなブックマーク - 八月八日 わざとらしい心づかいは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月八日

 わざとらしい心づかいは、それを受ける側に必ずしもこころよい感じを与えるとはかぎらない。しかし親切な一言、いや、やさしいほんの一瞥だけでもひとに与えたり、または、適当と思われるときは、ささやかな贈物をするための、どんな機会をものがしてはならない。わたしは生涯のうちただ一度だけ、ある貧しげな様子の老人から、そのような施し物を、たいへん気持ちのよい微笑を浮かべながらも、ことわられた思い出をもっている。それでも、目的はやはり果たされたのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-07

[][]八月七日 退屈は はてなブックマーク - 八月七日 退屈は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月七日

 退屈は、あらゆる不道徳の原因となることがきわめて多い。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-06

[][]八月六日 なにか善いことを本当に深く理解し はてなブックマーク - 八月六日 なにか善いことを本当に深く理解し - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月六日

 一旦、なにか善いことを、本当に深く理解し、それを身につけてしまうと、そうすることがまるで嘘のように容易で、ほとんど自明のことに思われてくる。そしてなぜもっと早くそれをしなかったかと、みずから怪しむくらいである。しかし、それはしばしばその十分な理由があるものだ。というのは、神は人間を教えるのに段階的に導かれるし、また偽善ほどきらい給うものはないからである。偽善者やえせ聖者などよりも、公然と悪い行いをする人間の方を神はまだしも好んでいられる。

 しかし、どんな人もみな、その一生の終りに、アンゲルス・ジレジゥス*1の美しい歌に、多かれ少なかれ同意せざるをえないであろう、「ああ、われ汝を愛することかくもおそかりしとは!」(同胞教会讃美歌四八一番)。あなたは、わたしたちよりも早く始めなさい。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:アンゲルス・ジレジゥス(一六二四―七七)、ドイツのカトリック宗教詩人。(訳者注)

1919-08-05

[][]八月五日 あなたは毎朝を はてなブックマーク - 八月五日 あなたは毎朝を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月五日

 あなたは毎朝を、かならずつねによき考えをもって始めなさい。ただ心配やためいきをもって、ではなく。そうすば、一日じゅうなにほどかの陽の光を持ちつづけ、それで雲影を払うことができるだろう。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

1919-08-04

[][]八月三日 人間をまた来たる日のことを はてなブックマーク - 八月三日 人間をまた来たる日のことを - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 サムエル記上七の三・四*1。人間を、また来る日のことを、あまり恐れてはいけない。あなたの生活から偶像神たちを追い出し、また今日支配力を強めてきたアシタロテ*2をも捨て去るがよい。そうすれば、哲学者たちも、あなたの心をもはやすこしも動かしえなくなる。それからなお、あなたはもっと心やさしくなりなさい。

 本当に心やさしい人に出会うということは、職業上多くの人と接する庶民階級の人たち(たとえば、あらゆる種類の商人、郵便配達人、郵便局員、銀行員、車掌など)にとっては、まことに重苦しく単調になりがちな彼らの生活のなかにさし込む一条の陽の光も同然である。だが、彼らにこのささやかな喜びを与えようと、だれが思いつくだろう。なるほど、ひとは彼らの奉仕に対して支払いをするが、それ以上彼らになにも負い目がないのだろうか!

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「その時サムエルはイスラエルの全家に告げていった。『もしもあなたがたが一心に主に立ち返るのであれば、ほかの神々とアシタロテをあなたがたのうちから捨て去り、心を主に向け、主にのみ仕えなければならない。そうすれば、主はあなたがたをペリシテびとの手から救い出されるであろう』。そこでイスラエルの人々はバールとアシタロテを捨て去り、ただ主にのみ仕えた。」

*2:アシタロテ。セム族の崇拝した女神、生産と性の神という。男神バールと同じく偶像神で、預言者によってきびしく斥けられた。(訳者注)

1919-08-03

[][]八月三日 あなたは神の声に はてなブックマーク - 八月三日 あなたは神の声に - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 しかし、よく理解してほしいのは、あなたは神の声に、ただよろこびいさんで、自発的に聞き従わねばならぬことである。神に対する畏怖や、人間に対する恐怖から、いやいやながら従ったり、またなんらかの不純な思惑があって従ったりしてはならない。ある特定の事柄においてはまだそれができないことも、往々にしてありがちだが、そのときは、神がそうすることに対する悦びを授けて下さるまで待つがよろしい。そのさい、あなたが誠実であれば、きっとそのことがかなえられるであろう。だが、逃げ道を求めたりすれば、それは与えられないだろう。サムエル記一〇の九*1

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:サウルが背をかえしてサムエルを離れたとき、神は彼に新しい心を与えられた。これらのしるしは皆その日に起った。

1919-08-02

[][]八月二日 このような声をあなたは はてなブックマーク - 八月二日 このような声をあなたは - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月二日

 詩篇九五の七・八*1。このような声をあなたはたびたび聞く。しかし、あなたがそれを聞きながしているならば(そうしたがる一種の性向は、とりわけ立派な人の心に、つよく支配しているが)、同じ詩篇のおわりの方に述べられているような結果*2が現われ、こういう人たちはいかに信心深くとも、「彼らの安息」に入ることができない。これに反して、神の声を聞いて、ただちにこれに従うながら、それは心を歓喜でみたし、なにものにもまさる晴れやかさを与えてくれる。それは、また同時に、ほかでは得られないほど神経を強めてもくれるのである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「主はわれらの神であり、われらはその牧の民、その見ての羊である。どうか、あなたがたは、きょう、そのみ声を聞くように。あなたがたは、メリバにいた時のように、また荒野のマッサにいた日のように、心をかたくなにしてはならない。」

*2:詩篇九五の一一、「それゆえ、わたしは憤って、彼らはわが安息に入ることができないと誓った。」

1919-08-01

[][]八月一日 この言葉がただ教会だけに はてなブックマーク - 八月一日 この言葉がただ教会だけに - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

八月一日

 創世記二八の一七*1。あなたは、この言葉がただ教会にだけあてはまるものだと考えるだろうか。

 それはほかの家々にも十分よくあてはまりうるだろう、そればかりか、ただ日曜日にしか開かれないわれわれの教会以上に、もっとよくあてはまるくらいだ。

 すくなくともどの牧師館もみな、当然そのような家でなくてはなるまい。

 しかし、そうなるためには、やはり上からの(神の力による)衝撃が必要である、もっともこのような力の衝撃は、さしあたり、ただ創始期にしか認められないものだが。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「そして彼は恐れて言った。『これはなんという恐るべき所だろう。これは神の家である。これは天の門である』。」