蜀犬 日に吠ゆ

1919-09-02

[][]九月二日 キリスト教に反対するあらゆるものに はてなブックマーク - 九月二日 キリスト教に反対するあらゆるものに - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 今日、キリスト教に反対するあらゆるものに直面しながら、しかも、この信仰に到達するには、ただ、非常な博覧多読によるか、さもなければ、考え方や感じ方のさながら子供のような単純さによるほかない。後者は、たとえばカペナウムの百卒長*1やカナンの女*2のような、まった、キリストがマタイによる福音書一八の三*3ですすめているような、単純さに見られるものである。学校カバン(学校でつめこんだ知識)をそのままかかえている今日の教養ある俗物は、パウロの手紙どころか、福音書すら理解していないものが多い。そんな人のひとりがある時、わたしに実際、手紙でそのことを書いてきた。そこでわたしは彼に、福音書をラテン語かギリシャ語で読みなさいと答えた。すると、それが役に立ったのである。今日、われわれの実情はその通りであって、たしかに、ものごとの理解は複雑であり、幼い女生徒にいたるまで型通りの物知りであるが、しかし学習時代を終えたあとも真に十分な教養は身につけていない。これは今日の学校が果たしえないことであろう。学校はあまりに多くの知識の対象をかかえて、あまりに急いで教え込まねばならないからだ。われわれは自己教育でそれをおぎなわない限り、すべてが断片のままに終ってしまう。しかしなおそれとともに、現代の人間を正しい道にみちびくには、たいていの場合、人生の不幸が力をかさなくてはならない。

 ルカによる福音書七の三〇、一〇の二二、一一の五三。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1マタイによる福音書八の五―一三。

*2マタイによる福音書一五の二一―二八。

*3:「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。」