蜀犬 日に吠ゆ

1919-09-12

[][]九月十二日 あなた自身の数多くの経験から はてなブックマーク - 九月十二日 あなた自身の数多くの経験から - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 あなた自身の数多くの経験からして、最後には、こういう信念に到達するのがよい、つまり、幸福というものは主体的なものであり、自分自身の内に見出さねばならぬものだ、と。たしかに、外的な出来事が瞬間的な幸福感を呼びおこすことのあるのは本当である。しかし、それは永く続くものだろうか、また、だれかある人の生涯に、そのような出来事がたえまなくつぎつぎに起るなどと期待できるだろうか、そうでないことをあなたは知っているし、まただれもがそれを知っている。しかし、もしあなたが、つねに活動的に、誠実に生き、神と和らぎながら、すべての人びとに対してゆたかな愛をもって、生きようと決意するならば、そのために間違いなく得られる幸福の実感によって、あなたは困難なときにも、しっかり支えられるであろう。それどころか、しばしば、苦悩の中においてさえ、あなたは非常に強い心の慰めを経験し、そのために、後になると、この苦しかった時期が、ただ幸福な時としてのみ思い出にのこるのである。

 また、こうしていれば、どんな外的な幸運にめぐりあっても、あなたは他人に対して、高慢や不遜におちいらずにすむであろう、そういう弱点は世間のいわゆる「幸運児」には」いつもつきまというがちのものだが。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫