蜀犬 日に吠ゆ

1919-09-17

[][]九月十七日 義務を果たしたという意識が はてなブックマーク - 九月十七日 義務を果たしたという意識が - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 神の恩寵のもとにあるという意識をのぞいては、義務を果たしたという意識が、最も強い幸福感をあたえるものである。前者は、いつもそれを受ける資格なしにさずけれらるものだから、自分で手に入れることはできない。しかし、後者はたしかに自分で獲得することができる。これは全くあなたの心がけ次第だからである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫