蜀犬 日に吠ゆ

1919-09-27

[][]九月二十七日 あなたは、あなたの「近代的世界観」から はてなブックマーク - 九月二十七日 あなたは、あなたの「近代的世界観」から - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 詩篇八一の一〇―一六*1。これは民族全体にとっても、また一個人にとっても、たしかに一度はためしみるだけの値打ちのある申し出である。この申し出に従わずにあなたは、あなたの「近代的世界観」から何を得ているのか。たえまない不安と多くの労苦とわずかばかりの幸福とを、だろうが、しかもその幸福は、たいてい一時の官能的享楽か虚栄心の満足かにすぎない。エレミヤ書一の一三・一九、三の二五、一五の一五―二一、一七の五―一〇。

 われわれは、だれか頼るところのできる人が必要である。たとえ最も偉大な人であっても、つねに自分ひとりで十分だというほど強い者はだれもいない。ところで、あなたは、いったい誰かが、たとえその人が最もすぐれた最も強い人であっても(そんな人がいつもあなたの側に得られるとはかぎらないが)、あなたのために、完全に神の助けの代りをすることができる、と本当に信じているのか。

 職業的哲学者でないかぎり、一般の人にとっては、世界観の問題は、もっぱら実践的に考えれば、結局、上述の点にしぼられてしまう。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「私はエジプトの国から、あなたをつれ出したあなたの神、主である。あなたの口を広くあけよ、私はそれを満たそう。……わたしはわが民のわたしに聞き従い、イスラエルのわが道に歩むことを欲する。……わたしは麦の最も良いものをもってあなたを養い、岩から出た蜜をもってあなたを飽かせるであろう。」