蜀犬 日に吠ゆ

1919-09-29

[][]九月二十九日 勇気をうしなわないことが はてなブックマーク - 九月二十九日 勇気をうしなわないことが - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 詩篇第九一篇や、ルターの「神はわが堅きやぐら」の歌や、アルテンブルクの「気落ちすな、小さき群れよ」の歌(同胞教会讃美歌六五七番・七三五番)は、大きな危険に出会った時や、または、われわれのだれにもよく起ることだが、強い少数派の中に踏みとどまりたいとどんなに考えても弱気によって人間の精神がおしひしがれて、一切の戦いを放棄したくなる時の、最もよい慰めの歌である。そんな時には、これらの歌をくりかえし読んで、元気をとり戻さねばならない。勇気をうしなわないことが、この世ではすべてである。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫