蜀犬 日に吠ゆ

1919-10-01

[][]十月一日 突然たましいの悲しみに はてなブックマーク - 十月一日 突然たましいの悲しみに - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

十月一日

 ヨハネによる福音書一二の二七・三一・三五・三六、詩篇八九の二〇―五二。

 ひとは、かなり内的に進んだ生活においてさえ、しばしば、突然たましいの悲しみにおちいるときがある、しかも、ほかの時ならおそらくほとんど気にもかけないような明白な原因のために。それでも、そういう時には、まるでわれわれの内から光が消え失せたように思われたり、あるいは、まるでわれわれがある見知らぬ敵の力にゆだねられでもしたように感じられる。多分、こんな場合には、われわれの理解できないような何かが起るのかもしれない。こういう時期には、できるだけ口かずを少なくし、行いをつつしみ、ひたすら神に次のように祈りつづけるのが最もよい仕方である、「わたしたちの抵抗力がつきはてぬうちに、この時をすみやかに過ぎゆかせて下さい」と。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

ヨハネによる福音書

JOHN 12

人の子はあげられる

27 「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救って下さい』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。

27 "Now My soul is troubled, and what shall I say? 'Father, save Me from this hour'? But for this purpose I came to this hour.

31 今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。

31 Now is the judgment of this world; now the ruler of this world will be cast out.

35 イエスは言われた。「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。

35 Then Jesus said to them, "A little while you have the light, lest darkness overtake you; he who walks in darkness does not know where hi is going.

36 光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。

36 While you have the light, believe in the light, that you may become sons of light." These things Jesus spoke, and departed, and was hidden from them.

新共同訳『新約聖書』ギデオン協会