蜀犬 日に吠ゆ

1919-10-27

[][]十月二十七日 社会主義者もやはり彼ら特有の偉大さを はてなブックマーク - 十月二十七日 社会主義者もやはり彼ら特有の偉大さを - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 社会主義者もやはり彼ら特有の偉大さをそなえている、すなわち、彼らと民衆のつながりは最も直接であり、また、民衆のためにする彼らの苦心は、部分的に、神が彼らを通じて行い給う、そのみ業ともいえる。社会主義者の強みは、彼らの根本見解のこのような部分的正しさにあるのであって、彼らの煽動の仕方にあるのではない。彼らは、神の無意識のしもべと考えられねばならない。だから、その無神論にもかかわらず(そのほかの点ではわれわれすべてもそうであるが)、彼らも神の寛容のもとにあるのだ。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫