蜀犬 日に吠ゆ

1919-11-06

[][]十一月六日 永久にわたってこの世の悪を はてなブックマーク - 十一月六日 永久にわたってこの世の悪を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 マタイによる福音書八の二二*1。あなたは永久にわたってこの世の悪を征服してしまうことはできないし、それからまた、信仰箇条や国法や教会制度や教育によって、将来のすべての世代の生活から悪を閉め出すこともできない。それどころか、悪は屈服するたびごとにふたたび力をもりかえして、それぞれの世代に対してあらたに闘いをいどむのである。

 これは、安易で快適なキリスト教をのぞむ人たちにとっては、なるほど愉快ではないが、しかし必要なことである。というのは、霊的なものもなく、自分の体験も持たないような、ただの教会中心の、習いおぼえた形式主義の信仰は、いつの世代の人間にもたえず新しく息をふき返してくる世俗的精神や獣性と同じくらいに、悪いものだからである。もしわれわれが、単に「キリストの教会に属する」だけでなく、真にキリストに「従い」たいと思うのなら、この両方の悪と絶えず戦わねばならない。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「私に従ってきなさい。そして、その死人を葬ることは、死人に任せておくがよい。」