蜀犬 日に吠ゆ

1919-11-15

[][]十一月十五日 ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は はてなブックマーク - 十一月十五日 ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 ヨハネの黙示録一二の一〇、一九の六*1・七・九。

 この声を、いつかあなたは自分で、自分の内部に、しかも非常にはっきりと聞かねばならない。さもなければ、教会の罪の赦免も、なんらあなたに益するところがない。しかし、その方向への途中にあるだけの人びとも、すでに幸福なのである。

 ヨハネ黙示録七の一四―一七、三の一二・一九・二〇、二一の三―六。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「わたしはまた、大群衆の声、また激しい雷鳴のようなものを聞いた。それはこう言った、『ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は、王なる支配者であられる。……』」