蜀犬 日に吠ゆ

1919-11-29

[][]十一月二十九日 生涯のあらゆる時機に、多くの敵を はてなブックマーク - 十一月二十九日 生涯のあらゆる時機に、多くの敵を - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 わたしは生涯のあらゆる時機に、多くの敵をもったが、しかし、どの敵もわたしをいささかも害わず、多くの敵はかえってわたしに積極的な利益をもたらした。ところが、その反対に、友人たちからは、概して、本当のはげましを受けたことが実にすくなかった。以下の助言は、わたしの人生経験として受けとってもらいたい――なるほど友情は大へん尊い宝であり、敵意を経験することは常につらいにちがいない。しかし、まことの内面および外的進歩に対比してみて、われわれはあまりにも熱心に友を求めすぎ、敵をあまりにもはなはだしく、また不必要に、恐れすぎる。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫