蜀犬 日に吠ゆ

1919-12-02

[][]十二月二日 あらゆる存在は、その特性にしたがって自己を発展させ はてなブックマーク - 十二月二日 あらゆる存在は、その特性にしたがって自己を発展させ - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 あらゆる存在は、その特性にしたがって自己を発展させ、自己を実現する生まれつきの衝動を、自分のうちに持っている。これはほかにありようのないことで、すこしも不当ではない。自然の本性をただわけもなく「禁断する」ことは、精神的意味での自殺である。

 しかし、われわれの真の本質の発展と実現は、われわれ自身の知恵よりもすぐれた神の明察にしたがい、神の道を踏んで、行わるべきである。神の意志は、一般的には聖書を通じて、個別的にはわれわれの人生の内的運命を通じて啓示されるが、この神の意志を、常にためらうことなく、おのれの意志として受けとり、よろこんでそれに一致すること、これが人生の最高の課題であり、また神の意にかなう供え物でもある。このほかの課題はもはや存在しない。この供え物を日々そなえていく人は、神に祝福された人であり、また、われわれの内的宗教観によれば、その人は彼自身のため、彼の家のため、さらには彼の民族のための、神の祭司である。

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫