蜀犬 日に吠ゆ

1919-12-25

[][]十二月二十五日 本当の親愛は、神の恩寵と慈愛の反映 はてなブックマーク - 十二月二十五日 本当の親愛は、神の恩寵と慈愛の反映 - 蜀犬 日に吠ゆ

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

眠られぬ夜のために〈第2部〉 (岩波文庫)

 本当の親愛は、神の恩寵と慈愛の反映である。このような神の慈愛は人間のうちに宿ることができ(テトスへの手紙三の四)、また人間の肉体をさえ(とくにその眼の表情において)あまねく輝かすので、この神的なものの反映は、ほかの人たちにも気づかれるほどである。そのようなことはモーセについても(出エジプト記三四の二九・三〇*1)さらにキリストについても、語られている。多少これに似たことは、わたしなども、残念ながらまれな例だが、二、三の人について認めることができた。

 これに比べて、それ以外のあらゆる親愛や鄭重さは、ただこれのわざとらしいまねごとに過ぎず、とうてい同じような感銘を与えることはできない。

 上からの慈愛が一番はっきり見られるのは、気だてのよい子どもとか、非常に年老いた人とかである。またそれは、病人のある者にほとんどこの世ならぬ美しさを生み出すこともある。画家が使徒や聖者を描くときに用いる円光は、この神からの慈愛をいくらか暗示しようとするものである。もちろん、顔そのものにそのような表情を与えることができたら、一層よいであろうが、しかしたいてい、そういう表情はまるで欠けている。

 もっとも有名な聖母像のなかでさえ、ただわずかに、「システィナの聖母」(ラファエル作)と、ムリリョ(スペインの宗教画家)の「聖母昇天(アスンタ)」の絵だけが、いくらかこのような表情をしめしている。とはいっても、次のような理由から、それは必ずしも本当の慈愛の表情とはいえない。というのは、ひとは一度この上からくる聖化の輝きを見たならば、もはや決して忘れないものだが、しかしそのような聖化の輝きは、敬虔な表情だとか、または、そういう気持をあらわすような仰ぎ見る恍惚とした眼差しとかではなくて、まだどんな画家の絵筆も決してえがきえなかったような、あたたかな、この上なく光にみちた慈愛の全く自然な表情だからである。(デフレッガー*2は彼のわりに小さな絵の一つに、おそらくそうしたものを表しえたといえよう。その中の庶民の一老婆の眼差しにそれが見られるのだが、幼な児イエスを抱いた彼の著名な聖母像の眼差しはそうではない。)

ヒルティ著 草間平作・大和邦太郎訳『眠られぬ夜のために』第二部 岩波文庫

*1:「モーセはそのあかしの板二枚を手にして、シナイ山から下ったが、その山を下ったとき、モーセは、さきに主と語ったゆえに、顔の皮が光を放っているのを知らなかった。アロンとイスラエルの人々とがみな、モーセを見ると、彼の顔の皮が光っていたので、彼らは恐れてこれに近づかなかった。」

*2:フランツ・フォン・デフレッガー(一八三五―一九二一)、オーストリアの画家